スポンサーリンク

「媒介」と「紹介」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「媒介」と「紹介」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「媒介」「紹介」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「媒介」とは?

「媒介」には2つの意味があります。

一つは、2つのものの間に立って、それぞれの間をうまくまとめることです。

動植物について主にいいます。

植物の多くは受粉をすることで種ができます。

受粉は、めしべにおしべの葯がつくことで成立します。

この行為の仲立ちをしているのが昆虫です。

昆虫はある植物と別のある植物との間をとりもっている、つまり「媒介」する存在だといえます。

昆虫によって植物が受粉することは、植物にとっては好ましいことかもしれません。

しかし、「媒介」は好ましい現象だけではありません。

マラリアは亜熱帯・熱帯地域に多い感染症です。

メスのハマダラカが吸血をする際、病原体が人間の体内に入り込むことで感染をします。

病原体と人間との間を蚊がとりもっているのです。

蚊が「媒介」する感染症です。

もう一つの意味は、ヘーゲル哲学で、存在や認識が他のものに条件づけられて成り立っていることです。

「媒介」の使い方

2つのものの間をとりもつという意味で使用をします。

動植物に関係する事柄に使用されることが多いです。

「紹介」とは?

「紹介」には2つの意味があります。

一つは、知らない人同士の間に入って対面させることです。

AさんとBさんはお互いのことをまったく知りません。

この2人の間にCさんが入って、Aさん、Bさんを引き合わせました。

この行為が「紹介」です。

これによって、AさんとBさんは互いのことを知るようになりました。

「紹介」をしているのがCさん、「紹介」されたのがAさん、Bさんです。

もう一つの意味は、知られていない物事を世間に教えることです。

たとえば、隠れ家的な店があったとします。

この店は多くの人に知られていません。

雑誌で隠れ家店の特集をすることになり、この店が雑誌に掲載されました。

雑誌は多くの人が見るものなので、雑誌に掲載されることで世間一般の人が知るようになります。

この行為が「紹介」です。

「紹介」の使い方

互いに知らないもの同士の間に入って、それぞれのことを知らせるといった意味で使用をします。

「媒介」と「紹介」の違い

「媒介」とは、2つの間をとりもつことです。

知らないもの同士を引き合わせることではありません。

「紹介」は、知らないもの同士を引き合わせることや、知られていないことを世間に教えることを意味しています。

「媒介」の例文

・『昆虫が媒介する感染症』
・『動物がウイルスを媒介した可能性がある』
・『蚊が媒介する感染症は多くある』
・『花粉を媒介する』

「紹介」の例文

・『新商品を紹介します』

・『お気に入りの雑貨を紹介してくれました』
・『知人がAさんを紹介してくれた』
・『食材の仕入れ先を紹介する』

まとめ

あるものと別のあるものの間に入ることを意味する2つの言葉ですが、それぞれが意味することは違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典