スポンサーリンク

「嫌い」と「生理的に無理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「嫌い」と「生理的に無理」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「嫌い」「生理的に無理」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「嫌い」とは?

「嫌い」「きらい」と読みます。

意味は「相手やものに対して不快感を覚えて、遠ざけたいと思う気持ちのこと」です。

対象となる人や物に対して否定的な感情を持ち、その場に一緒にいたくない、同調したくないと思うことを表します。

また、「人見知りの嫌いがある」は、「好ましくない傾向があること」という意味で使われることもあります。

「嫌い」という感情は理性を保てば我慢できることが多く、社会人として仕事上で嫌いな人とも友好的に付き合っている人もいます。

「生理的に無理」とは?

「生理的に無理」「せいりてきにむり」と読みます。

意味は「理由はないが、身体が本能的に受け付けないこと」です。

明確な理由はないけれども、とにかく対象となる人や物に対して拒絶反応を起こしてしまう時の表現です。

「生理的」「身体の機能や組織に関する様子」「理屈でなく本能的である様子」という意味です。

「嫌い」と違い、相手が人でも物でも理性がきかず、とても我慢できない状態です。

「嫌い」と「生理的に無理」の違い!

「嫌い」「相手やものに対して不快感を覚えて、遠ざけたいと思う気持ちのこと」です。

「生理的に無理」「理由はないが、身体が本能的に受け付けないこと」です。

まとめ

今回は「嫌い」「生理的に無理」の違いをお伝えしました。

「嫌いは感情的」「生理的に無理は本能的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典