「子供」と「ガキ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「子供」と「ガキ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「子供」「ガキ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「子供」とは?

「子供」の意味と使い方について紹介します。

「子供」の意味

「子供」「こども」と読みます。

意味は「年齢がおさない児童」「親が生んで育てた者」「動物の幼いころ」「行動や考え方が幼い者」「目下の若い人の俗称」などです。

「子供」の使い方

「子供」は、元の意味は「年齢がおさない児童のこと」です。

そこから転じて、「考え方がおさなく、浅はかな行動を取る若い世代の人」に対して使われる様になりました。

また、「親子としての関係を表す意味」でも使われ、こちらの場合も年齢が幾つになっても親子関係がある限り「子供」と呼ばれます。

「ガキ」とは?

「ガキ」の意味と使い方について紹介します。

「ガキ」の意味

「ガキ」は漢字で「餓鬼」と書きます。

意味は「子供を乱雑に言う言葉」「仏教用語で餓鬼道にいる魂のこと」です。

「ガキ」の使い方

「ガキ」は、元の意味は「仏教用語で、餓鬼道に落ちた亡者の魂のこと」です。

仏教では、人は亡くなると6つの世界に生まれ変わると言われています。

「天道」はいわゆる天国、「人間道」は現在の世界、「修羅道」は争いの世界、「畜生道」は動物の世界、「地獄道」は罪人の世界、「餓鬼道」は亡者となった鬼の世界です。

「餓鬼道」にいる亡者は「餓鬼」と呼ばれ、生前贅沢をしすぎた為に送られています。

「餓鬼」は常に空腹状態で、骨と皮だけになりお腹だけが出ています。

ここでは食べ物を食べようとすると燃えてしまい、水を飲もうとすると血膿に変化するのです。

現在の世界で子供は自己中心的で、常にお腹を空かせてガツガツとしていることから「ガキ」と呼ばれる様になりました。

「子供」と「ガキ」の違い!

「子供」「年齢や言動が幼い者のこと」です。

「ガキ」「子供を見下して言う言葉」です。

まとめ

今回は「子供」「ガキ」の違いをお伝えしました。

「子供は実年齢・精神年齢が低いこと」「ガキは子供を見下した言葉」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典