スポンサーリンク

「子煩悩」と「親バカ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「子煩悩」と「親バカ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「子煩悩」「親バカ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「子煩悩」とは?

自分の子どもを非常にかわいがるさまです。

愛らしいと思って、優しくするさまをいいます。

また、その人のことも指します。

子どもとよく遊ぶ、小さい子どもなら食事や着替えの世話をする、休日は家族ででかける、歩いて通学できるけれど学校には車で送るなど、非常に優しくすることをいいます。

子どもと遊ぶのはあたり前と思う人もいるかもしれませんが、子どもとほとんど遊ばない親もいます。

食事や着替えは自分でできるのに、いちいと親が手を出すようだと、かわいがりすぎだといえるでしょう。

歩いて通学できる範囲なのに車で送るのは、思いやりからの行動で優しさが感じられます。

この他にも「子煩悩」といわれる態度はさまざまあります。

「子煩悩」の使い方

子どもに対する親の態度を指して使用をします。

自分の子どもを非常にかわいがるさまをいい、他人の子どもをかわいがることには使用しません。

「親バカ」とは?

自分の子どもがかわいすぎて、適切な評価をすることができず、周囲から見ると考えが足りないと思える行動をすることです。

また、その親のことも指します。

小学校1年生の自分の子どもが、はじめて一人でクッキーを作ったとします。

形がいびつだし、焼け焦げているものもあるし、失敗したわけではありませんが、上手にできているというほどの出来ばえでもありません。

しかし、自分の子どもがかわいい親は、このクッキーの見て「なんて天才」と思うことがあります。

そして、周囲に自慢をしたり、周囲にできたものを配ったりします。

この行為は周りから見ると愚かに映ることでしょう。

今度は他のことで考えてみます。

子どもにかわいらしいワンピースを着せました。

親からするとかわいく見えます。

しかし、周囲から見ると、この子には似合っていない服で、それほどかわいいとは思えません。

そうであるにもかかわらず、親はこの姿がかわいい、ワンピースが似合い過ぎているなど、周囲に自慢をしました。

自分の子どものことを正しく評価できておらず、周囲から見ると愚かに感じられます。

「親バカ」の使い方

子どもに対する親の態度を指して使用する言葉です。

親自身が自覚している場合は本人が使います。

周囲の人も使うことがある言葉です。

「子煩悩」と「親バカ」の違い

2つの言葉はどちらも、子どもに関する親の態度を指しているのですが、同じ態度ではありません。

「子煩悩」は非常にかわいがるさまです。

「愚かな」という意味は含まれていません。

「親バカ」は、かわいがりすぎて正しい判断ができず、周囲から見ると愚かな行動をすることです。

「子煩悩」の例文

・『彼は子煩悩でよく知られている』

「親バカ」の例文

・『親バカぶりを発揮する』

まとめ

自分の子どもへの親の態度を意味する2つの言葉ですが、それそれの言葉が示すことは異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典