スポンサーリンク

「存分に発揮」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「存分に発揮」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「存分に発揮」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「存分に発揮」とは?意味

持っている能力や特性などを十分に出すこと、満足できるまで働かせることです。

存分には、物事を思い通りにすることという意味があります。

わくがないところで、思い通りにすること、満足できるまですることをいいます。

「スキーを存分に楽しむ」場合で考えてみます。

修学旅行などだと、スキーをする時間帯や行っていい場所などに制限があります。

こういったときには、思い通りにできないことがあるでしょう。

時間も気にせずに、自分が好きなようにスキーをできれば、思う存分に楽しめます。

時間などのわくがない状態で思い通りにできるのです。

こういったさまが、存分が意味するものです。

発揮には、持っている能力は特性などを十分に機能させるという意味があります。

たとえば、サッカーのプレーで「力を発揮する」といった場合は、その選手が持っているサッカーに関する能力を十分に出すといった意味になります。

力を抜かず、持っている能力を100%だすようなことをいいます。

こういったことから、「存分に発揮」とは持っている能力や特性を十分に出すという意味になります。

「存分に発揮」の概要

能力を十分に働かせたくても、そうできないことがあります。

そういったことあるからこそ、「存分に発揮」とわざわざいうのでしょう。

スポーツの試合でこの言葉が使われることが多くあります。

たとえば、野球です。

ある投手は非常に期待されていました。

期待に応えるように、試合では相手チームに点をとらせませんでした。

プロの世界で点をとられないようにするためには、手抜きなどしていられず、持っている能力を十分に働かせる必要があります。

このときには、その投手の能力が「存分に発揮」されているといえます。

学校や資格などの試験は、能力が試されるものです。

赤点をとらないようにするためや、試験に合格するためには、これまで学んだで身につけた能力を十分に働かせる必要があります。

このときに、力を「存分に発揮」していることになります。

思い残すところがないほどに、完全であるように、能力や特性を働かせることを意味している言葉です。

「存分に発揮」の言葉の使い方や使われ方

多くの場面で能力を発揮する必要があったり、試されたりするので、この言葉はさまざまな場面で使用されています。

たとえば、スポーツの試合、試験、化粧品に期待できる働き、車の性能などです。

「存分に発揮」の類語や言いかえ

「十分に発揮する」が似たような意味を持つ言葉です。

十分には、必要なだけ、思うままに、不足のないさまという意味があります。

十分に発揮するは、能力などを完全に発揮するさまを意味しています。

よい意味で使われます。

まとめ

スポーツの試合や試験などでは能力が試されます。

そのようなときには、自分が持っている力を「存分に発揮」したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典