「安全マージン」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「安全マージン」

ビジネス業界においては、様々な専門用語がありますが、その中で「安全マージン」という言葉があります。

「安全度におけるゆとり」という解釈がありますが、詳しい定義を見ていくことにしましょう。

「安全マージン」の意味

「安全マージン」とは「安全性を確保するために持たされている余裕やゆとりのこと」を指している専門用語ですが、特に車やバイクなどの車両関係では、捜査中の予期せぬ不意のアクシデントに備えて、車間距離などに余裕を持たせたり、スピードを制御するようなドライビング、ライディングも「安全マージン」と呼ぶことがあります。

一定の余裕を持たせる「安全マージン」のことを「遊びを持たせている」という言い方ができます。

ビジネス業界では、自動車メーカーなどの製造業界では、車の部品の耐久性、安全性を確保するために、ある程度の重量やキャパオーバーが発生しても、その強度に余裕を持たせていることがほとんどです。

そのおかげで車の運転中に突発的な事故に遭遇しても、スピードを落とすことや一定の車間距離を取ることも、「安全マージン」として理解することができます。

車やオートバイだけでなく、メーカーであれば、「安全マージン」を見ることは、利用者保護のためでもあります。

「安全マージン」の言葉の使い方

日本の製造業の大きな特徴は、安全を優先にした慣習が根底にあり、それがグローバル競争の中では、強みとされています。

ビジネスの世界では、物を設計・生産をしているメーカーのみならず、建設業、流通業、物流業とありとあらゆる業界で、「安全マージョン」を前提にした安全重視の取り組みを行っています。

「安全マージン」を使った例文・短文(解釈)

では「安全マージン」を使った例文を見てみることにしましょう。

「安全マージン」の例文1

「現代におけるIT分野では、ハードウェアの仕組みが大変、複雑化していることから、人手を前提とした解析では、安全マージンの設定レベルを維持することが難しくなっています」

インターネットが発達し企業の業務がシステム化されるようになって、ハードウェアの中身が非常に複雑化しています。

そのハードウェア製品の解析業務についても、どれ程度の許容範囲で「安全マージン」を設定するか、シビアな検討が求められています。

「安全マージン」の例文2

「現在のビジネス業界では、リアルタイム性を要求されない業務システムでは、安全マージンを加えるという手法が採用られていることが少なくありません」

企業で導入・運用されている業務システムでは、「安全マージン」がシステム設計の中に組み込まれているケースが少なくありません。

余裕のないシステム設計の業務システムでは、実際の業務運用で大きな支障をきたすことが発生するからです。

「安全マージン」の例文3

「ブーストコントローラーは、エンジン関係で求められる安全マージンが一切考慮されていないために、危険性の高い装置であること認識しておかなければなりません」

ブーストコントローラー とは、ターボチャージャーやスーパーチャージャー付きのエンジンで発生する過給圧を任意で操作できる装置のことですが、このようなにマシン強化を目的とする機器では機能を高めることが優先され安全性を無視した設計となることが多いので、リスクが伴って来ることを認識しておく必要があります。

「安全マージン」の例文4

「建設業では、荷重に安全マージンを加えるということが、応力を与えられた構造物に対する誤りのない解析を可能にした」

「安全マージン」は、製造業だでなく、建設業などでも取り入られている思想です。

このように安全設計は、日本の企業では「安心・安全」が最も重要な項目であることが分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典