スポンサーリンク

「安心」と「安全」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「安心」と「安全」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「安心」「安全」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安心」とは?

「安心」「あんしん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「気掛かりなことがなくなり、心が落ち着くこと」という意味で、悩みごとがなくなってほっとすることを言います。

2つ目は「仏教用語で、信仰により心が揺るがない状態に達すること」という意味です。

3つ目は「内心で工夫すること」という意味で、高いレベルで気配りをすることを言います。

上記に共通するのは「心が落ち着く」という意味です。

「安」「やすらか」とも読み、「良くない変化がなく穏やかで落ち着いている」という意味、「心」「こころ」とも読み「精神」「気持ち」という意味、「安心」「精神的に良くない変化がなく、穏やかで落ち着いていること」になります。

「安心」の使い方

「安心」「気掛かりなことがなくなり、心が落ち着くこと」「仏教用語で、信仰により心が揺るがない状態に達すること」「内心で工夫すること」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「安心だ・である」と使われたり、形容詞として「安心な」と使われたり、副詞として「安心に」と使われたりします。

基本的に、心配事がなく、精神的に落ちついた状態が続いていることに使われる言葉です。

「安全」とは?

「安全」「あんぜん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「危険がなく、無事に過ごせること」という意味で、事故や災害など身の危険に関する要素がない状態を言います。

2つ目は「盗難・紛失・破損などの心配がないこと」という意味で、自分の所有物が損なわれる心配がない状態を言います。

3つ目は「気持ちを落ち着かせること」という意味で、心を平静な状態にすることを言います。

上記に共通するのは「危険がない」という意味です。

「安全」の使い方

「安全」「危険がなく、無事に過ごせること」「盗難・紛失・破損などの心配がないこと」「気持ちを落ち着かせること」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「安全だ・である」と使われたり、形容詞として「安全な」と使われたり、副詞として「安全に」と使われたりします。

基本的に、事故や災害などにより危険にさらされる心配がない安らかな状態に使われる言葉です。

「安心」と「安全」の違い

「安心」「心配事がなく、精神的に落ち着いた状態が続いていること」という意味です。

「安全」「事故や災害などにより危険にさらされる心配がない安らかな状態」という意味です。

「安心」の例文

・『無事に帰宅できたと聞いて安心した』
・『彼女になら安心して仕事を任せられる』
・『車より電車の方が安心だ』
・『子連れでも安心して食事ができるカフェがある』

「安全」の例文

・『この道を通った方が子供には安全です』
・『ここなら津波が来ても安全です』
・『荷物を安全に輸送する様務める』
・『現場では必ず安全確認を行っています』

まとめ

今回は「安心」「安全」について紹介しました。

「安心」「気持ちが落ち着いた状態」「安全」「危険がない状態」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典