スポンサーリンク

「安直な考え」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「安直な考え」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「安直な考え」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安直な考え」とは?意味

「安直な考え」は、誰もが考え付くであろう安っぽい考えのことを意味します。

もしくは、値段が率直に安いことを指す言葉が「安直」です。

「安直な考え」の概要

「安直な考え」は、今でこそ安っぽい考えを指しますが、実は、「安直」という言葉自体は、値段が安いことのみを意味していたのです。

つまり、ド直球に値段が安いことを安直と呼び、「安直な考え」とは、値段が安いという考えのみを表していました。

その為、安直という言葉だけを時点で引いた場合、値段が安いことの方が先に記載されているのは、安直は値段が安いことのみを意味していたためです。

そこに、考えという言葉がプラスされると、安直は値段が安いという意味から施行を意味する簡単な考えへと意味が変化していきました。

これが今使用されている「安直な考え」で今の安直という言葉は値段を示すことは稀になります。

「安直な考え」の言葉の使い方や使われ方

「安直な考え」は、素人の目から見ても何も考えてない、もしくは考えた割にはだれもが思いつきそうな内容であることを指摘する場合に使用します。

「安直な考え」を使った例文

・『売り上げが悪くなったからと言って商品の価格を倍にするという考えは安直な考えすぎないか?』
この例は、売り上げが悪くなったことについて問題解決と言える行動を取らず、誰もが簡単に考えつく価格を倍にして売り上げを挙げるという方法を取ろうとしたことについて考えが単純すぎると述べた例です。

「安直な考え」は、誰もが思いつく単純な考えを意味しますので、このケースの場合、価格の上昇がだれもが考え付く考えです。

・『売り上げをごまかすために自費で購入するとはあまりに安直な考えである』
この例は、売り上げのノルマを達成させるため二次腹を切って売り上げにあてていたという行為はあまりにも誰もが思いつきそうな考えであるとしています。

ただ、このケースの場合、誰もが思いつきそうなことについて、行動して見せたことが問題です。

まとめ

「安直な考え」は、ぶっちゃけると、単純で簡単に意図が透けて見えることにあり、「安直な考え」と相手側に言われてしまうのは、こちら側の意図が相手側に筒抜けであるが故です。

逆を返せば、こちらの意図が分からず、やっていることは悪いことですがそれが相手側にバレても相手側がこちらの目的について理解していなければそれは、「安直な考え」ではなく、巧妙な手口になります。

ですので、悪事が露見してそれについて「安直な考え」であるというのは実は間違いで、目的まできちんと正確に理解したうえでの見え透いた考えが「安直な考え」という物です。

その為、案外と「安直な考え」という言葉を理由は分からないが悪事が露見したので大したことが無い考えであると述べている方がいますが、あれは大間違いで、目的を理解してないと「安直」という単純な考えであるかは分からないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典