スポンサーリンク

「完璧」と「完全」の違いとは?意味を分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「完璧」と「完全」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「完璧」「完全」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「完璧」とは?

「完璧」「かんぺき」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「欠けている部分がないこと」という意味で、傷ついたり欠落している部分が全くない状態を言います。

2つ目は「欠点が全くないこと」という意味で、劣っている部分や足りない部分が全くない様子を言います。

上記に共通するのは「これ以上ない状態」という意味です。

「完璧」の語源は、中国の戦国時代の史実からきています。

趙国の王が「和氏の璧(かしのへき)」と呼ばれる、見事な宝玉を手に入れますが、秦国の王から「是非宝玉が欲しい」と言われて悩みます。

そこで藺相如という人物に「璧」を持たせて使いに出したところ、傷一つ付けずに無事に帰還したことから「完璧帰趙」として使われる様になりました。

「完璧」の使い方

「完璧」「欠けている部分がないこと」「欠点が全くないこと」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「完璧だ・である」と使われたり、形容詞として「完璧な」と使われたり、副詞として「完璧に」と使われたりします。

基本的に、足りない部分や欠けている部分がなく、これ以上にない素晴らしい状態に使われる言葉です。

「完全」とは?

「完全」「かんぜん」と読み、意味は以下の通りです。

1つ目は「足りない部分がないこと」という意味で、不足しているものがない状態を言います。

2つ目は「必要な条件を全て満たしていること」という意味で、必要とされる条件が全部そろっていて申し分ない状態を言います。

3つ目は「欠点がない」という意味で、劣っている部分がないことを言います。

上記に共通するのは「足りないものがない」という意味です。

「完全」の使い方

「完全」「足りない部分がないこと」「必要な条件を全て満たしていること」「欠点がない」という意味で使われます。

名詞・形容動詞として「完全だ・である」と使われたり、形容詞として「完全な」と使われたり、副詞として「完全に」と使われたりします。

「完璧」と似た意味を持ちますが、基本的にその時点で全部そろっている状態に使われる言葉で、「完璧」よりもやや弱い意味になります。

「完璧」と「完全」の違い

「完璧」「足りない部分や欠けている部分がなく、これ以上にない素晴らしい状態」という意味です。

「完全」「その時点で全部そろっている状態」という意味です。

「完璧」の例文

・『彼は難しい作業を完璧にやり遂げた』

・『彼女は完璧な英語を話す』

・『君の論文は完璧で直すところがない』

・『今日のプレイは完璧だった』

「完全」の例文

・『あまりのショックで完全に思考停止した』

・『彼女は完全に勘違いしている』

・『このグッズは完全な形で保存したい』

・『今回の負けは完全に私の采配ミスです』

まとめ

今回は「完璧」「完全」について紹介しました。

「完璧」「これ以上ない状態」「完全」「全部そろっている状態」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典