スポンサーリンク

「定刻に間に合わない」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定刻に間に合わない」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定刻に間に合わない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定刻に間に合わない」とは?意味

定められた時刻に間に合わないことです。

「定刻」には、定められた時刻という意味があります。

ときの流れのなかにおける、ある一瞬のことを時刻といいます。

たとえば、バスは決められた時間通りに運行されています。

あるバス停には、時間の流れの中の決められた一瞬の間にやってきます。

たとえば、Aバス停には7時50分に到着するなどです。

この決められた時刻を「定刻」といいます。

「間に合う」には、決まった時間に遅れないという意味があります。

「間に合わない」「ない」で否定をしているので、決まった時間に遅れるという意味になります。

決まった時間ピッタリではなく、その少し前の時間といった意味ではありません。

決まった時間よりも速いことではなく、遅いことを意味しています。

つまり「定刻に間に合わない」は、決まった時間に遅れてしまうという意味になります。

「定刻に間に合わない」の概要

定められた時刻に間に合わないことです。

時刻が定められているものには、バスや電車の運行があります。

日本の電車は正確に運行されており、事故などがない限り1分も遅れずにやってきます。

駅に時刻表が掲示されていたり、各鉄道会社のホームページで時刻表を確認したりできます。

時刻表が掲載されているのは、決まった時間通りに運行されているからです。

いつ駅のホームに到着するのかわからなければ、正確な時刻表を作ることはできません。

時刻表に記載されている時間が、電車が到着する定刻です。

この時間通りに駅にやってくることを「定刻通り」といいます。

「定刻に間に合わない」は、決まった時間に遅れることなので、電車でいうと時刻表に記載されている時刻よりも遅く駅に到着することをいいます。

時刻が決められている事柄は、バスや電車の運行だけではありません。

会社勤めをしている人は、この時間までは仕事をしていなければならず、その時間になったら帰ってもよいと定められている時間があるはずです。

仕事を始める時間も、いつも同じ時間に決められているはずです。

その時間を定刻といいます。

そういった決められている時刻に遅れることを「定刻に間に合わない」といいます。

「定刻に間に合わない」の言葉の使い方や使われ方

定刻は定められた時刻のことで、規則性のあるものをいいます。

バスや電車の運行には規則性があり、これらが駅などに到着する時刻を定刻といいます。

そういった決められた時刻に遅れることを指して使う言葉です。

「定刻に間に合わない」の類語や言いかえ

「定時に遅れる」が似たような意味を持っている言葉です。

定時は決められた時刻のことです。

定刻の方が定時に比べて規則性があります。

まとめ

決められた時刻に遅れることを意味している言葉です。

ビジネスシーンや、バス・電車などの運行に関して使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典