スポンサーリンク

「定量調査」と「定性調査」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定量調査」と「定性調査」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定量調査」「定性調査」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定量調査」とは?

「定量調査(ていりょうちょうさ)」とは、「アンケートやインタビューで、人数・売上・割合などの具体的な数字・数量を使用(分析)して行われる調査」のことです。

「定量調査」は、「アンケートやインタビューで得られた数量化(数値化)されたデータを、統計学的に解析して意味を解釈するタイプの調査」を意味しているのです。

「定性調査」とは?

「定性調査(ていせいちょうさ)」とは、「数量化・数値化できない個人の価値観・感想などについての質問を行って、その意味を解釈する調査」のことです。

「定性調査」は、「アンケートやインタビューにおいて、どうしてその商品を選んだのかの理由やそのイベントにどんな感想を抱いたかなどの数量化できない質問をして、その回答の意味を解釈する調査」を意味しているのです。

「定量調査」と「定性調査」の違い!

「定量調査」「定性調査」の違いを、分かりやすく解説します。

「定量調査」「定性調査」はどちらも「アンケートやリサーチのやり方の種類」を意味していますが、「定量調査」というのは「選んだ人数・売上・比率などの具体的に数字化・数量化できるデータを分析する調査」を意味しています。

「定量調査」に対して「定性調査」というのは、「ある商品を選んだ理由・ある物事についての感想・何かをした時の気持ちといった数量化できない質問(個人の言動の意味の解釈)を中心とした調査」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「定量調査」「定性調査」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「定量調査」とは「人数・売上・割合など具体的な数字・数量を用いて行われる調査」を意味していて、「定性調査」「個人の発言・行動・体験など数量化できないものの意味を解釈することで行われる調査」を意味している違いがあります。

「定量調査」「定性調査」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典