スポンサーリンク

「実態調査」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実態調査」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、実態調査の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

実態調査とは?意味

実態調査とは、困りごとの事実を人に対して行い、証拠を収集するために調べることを指します。

探偵であれば家族から遠くに住む息子が本当にその会社に勤めているか、どのような生活しているのかなど生活状況にいたるまで幅広く事実関係を調査し、証拠を見せます。

ときには撮った写真を提供し、事実を伝えるわけですが、付き合っている異性や友人関係にいたるまで調べられる探偵であれば、実際には目で見られない事実まで調査しますので、真実を得られます。

実態調査の概要

調査には探偵が身元を隠しながら本人を尾行したり、家が見える場所から何時間も張り込んでより詳しい情報を収集するのも特徴的。

昔ながらの収集方法により、本人の行動を把握できるのも実態調査の素晴らしさです。

探偵は近所に聞き込みして、家に誰が来たか、どのような生活しているかも調査。

近所の方が詳しく行動を知っていることもあり、貴重な情報を聞きだせる場合もあります。

この実態調査は調査する人に探偵であることがバレないように調べる必要があります。

企業であれば横領している社員を突き止め、お金の流れを徹底に調べ上げる。

詐欺疑惑の事実から不正行為の証拠収集、社員の不正行為を抑制することにもつながるわけです。

実態調査の言葉の使い方や使われ方

問題が起きたときは解決するための情報と証拠を集めるため「実態調査を実施する」と使います。

奥深くまで真実を調べたいときは探偵事務所に相談するといいでしょう。

事務所に相談するときは、確認したい項目を明確にしておき、調べてほしい事柄や対象となる人物を特定しておくことも必要です。

このように、正確な情報を知りたいと思う人や企業が調査を依頼するときに実態調査を使います。

一般家庭でも浮気する相手の身元について明らかにしたり、子供の付き合っている友達について調べたいときにも実態調査と使います。

実態調査を使った例文

・依頼人がどのようなことを調査してほしいか目的を聞いて調べるのが実態調査の特徴。

・不正行為していると感じる社員の明確な証拠を得るために実態調査する。

・役所や警察にも確実に対応してもらえるよう嫌がらせ被害の実態調査を依頼する。

調査するときは依頼人から詳しく正確な情報を得ることで間違った情報収集を避けつつ、本当の証拠を集められます。

企業では、怪しいと感じる社員はいても、明確な証拠が無ければ訴えられず、捕まえられません。

しかし、実態調査であれば明確な証拠を揃えられますので、警察に通報できるのです。

まとめ

嫌がらせをされているが、相手が誰だかわからない問題からご近所トラブルまで幅広く実態調査ができます。

実態調査の専門家が親身に相談者より問題となっている事柄の詳細を調べ上げます。

まずはメールや電話で相談してみて、自分の抱える悩みや問題について伝えてみるといでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典