「家主」と「大家」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家主」と「大家」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家主」「大家」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家主」とは?

「家主」の意味と使い方について紹介します。

「家主」の意味

「家主」「やぬし」と読みます。

意味は「賃貸物件の所有者」「一家のあるじのこと」です。

「家主」の使い方

「家主」には以下の2つの意味があります。

1つ目は、「賃貸物件の所有者」という意味で、昔は「大家」と言われていました。

現在では、不動産業者などが介入して、賃貸物件には「大家」ではなく「管理人」が置かれ、本来の所有者である「家主」は遠隔地に住んでいるケースが増えたことから、「大家」と区別して使われる様になっています。

2つ目は「一家のあるじのこと」で、賃貸・持家に限らず、その家の名義人となる人という意味です。

その家を購入したり賃貸契約をした時に名義人となり、主に生計を立てている人が多く、世帯主と同じ様に使われます。

「大家」とは?

「大家」の意味と使い方について紹介します。

「大家」の意味

「大家」「おおや」と読みます。

意味は「賃貸物件の所有者」「母屋」「本家」です。

「大家」の使い方

「大家」は、日常で使われる場合、賃貸物件の貸主のことを言います。

賃貸物件を所有していて、賃借人と契約を結ぶ人のことを言います。

不動産会社が入らない場合、「大家」はその建物内、もしくは近くに住んでいて、物件を管理します。

昔は「大家さん」と言われ、顔見知りになって何かと世話になる賃借人も多かったのですが、最近ではその様な関係は少なくなってきて、全て不動産会社が中に入り、物件を管理するところが増えています。

「家主」と「大家」の違い!

「家主」「賃貸物件の所有者」「一家のあるじのこと」です。

「大家」「賃貸物件の所有者」です。

まとめ

今回は「家主」「大家」の違いをお伝えしました。

「家主は賃貸物件の所有者、または一家のあるじ」「大家は賃貸物件の所有者」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典