「家出人」と「行方不明者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家出人」と「行方不明者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家出人」「行方不明者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家出人」とは?

「家出人」の意味と使い方について紹介します。

「家出人」の意味

「家出人」「いえでにん」と読みます。

意味は、「自分の意思により、家を出ていった人のこと」です。

「家出人」の使い方

「家出人」は、自分の意思で家を出ていった人のことを言います。

基本的に「この家から出たい」と思い、生活に必要な身の回りの物を持ち出していなくなった人を表す言葉です。

「自分の意思」であることが明確な場合に使われ、どこにいるのか行き先が分かっていても「家出人」と言います。

10代の子供が友達の家を転々としたり、大人が「探さないで下さい」などと書き残しをして完全に遠くへ行ってしまうこともあります。

「家出人」の中でも事件に巻き込まれている可能性が高く、命の危険がある時には警察が積極的に捜査します。

「行方不明者」とは?

「行方不明者」の意味と使い方について紹介します。

「行方不明者」の意味

「行方不明者」「ゆくえふめいしゃ」と読みます。

意味は「どこに行ったか分からない人のこと」です。

「行方不明者」の使い方

「行方不明者」は、どこに行ったのか分からない人のことを言います。

自分の意思で出て行く他に、事故や災害に巻き込まれている可能性がある人のことも表します。

つまり「家出人」のうちでも全く行先が分らない人は「行方不明者」に含まれるのです。

例えば、いなくなる直前までどこかへ出かけたいという様子もなく、特に悩みごとなどもないのに、ある日忽然と姿を消してしまった時などに使われます。

「家出人」と「行方不明者」の違い!

「家出人」「自分の意思により、家を出ていった人のこと」です。

「行方不明者」「どこに行ったか分からない人のこと」です。

まとめ

今回は「家出人」「行方不明者」の違いをお伝えしました。

「家出人は自ら家を出て行った人」「行方不明者は行き先が分らない人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典