スポンサーリンク

「家庭裁判所」と「地方裁判所」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家庭裁判所」と「地方裁判所」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家庭裁判所」「地方裁判所」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家庭裁判所」とは?

「家庭裁判所」は、家庭内に関する事件や非行少年などの事件を扱う裁判所で、下級裁判所に値します。

なお、「家庭裁判所」は、罪を犯したものに処罰と称して刑期に服役させるか、罰則を与えてペナルティを与えるかを相談するような場所で、「地方裁判所」のように初めから罪人であると仮定して処罰を行う物ではないです。

「地方裁判所」とは?

「地方裁判所」は、刑事的な処罰を受けるか、家庭内においては、刑罰が特定している人物を担当する裁判所です。

その上で、「地方裁判所」は、被告となる人物が再犯を犯す場合、裁判を行う場所となります。

「家庭裁判所」と「地方裁判所」の違い

「家庭裁判所」「地方裁判所」の違いは、初めから罪人として扱い一審で罪状を決めるか、事務的な手続きで審判を仰ぐかという違いがあります。

「家庭裁判所」は、実は事務的に審判を仰ぐ場で、離婚などを事務的に行ったり、暴力事件においては被害者に慰謝料の請求などを事務的に行います。

また、再犯の防止策なども講じますが、刑事事件のような大きな犯罪は扱いません。

一方、「地方裁判所」は刑事事件を扱い、初めから罪人の疑いがあると被告を扱い、一審で審議を行います。

「家庭裁判所」の例文

・『息子が暴力事件にて家庭裁判所に出頭を命じられた』

この例は、暴力事件を起こした息子さんが家庭裁判所という場所に出頭するよう命令が発せられた例です。

「家庭裁判所」の役割は暴力事件においては再犯防止に当たり、これに従わない場合、観護措置を裁判所側が取り、少年側を強制的に、少年鑑別所に収容可能です。

「地方裁判所」の例文

・『夫の度重なる暴力により、地方裁判所に保護命令を申し立てた』

この例は、夫の度重なる暴力により、地方裁判所側に保護して貰いたいと望んだ例になります。

注目すべくは、家庭内の暴力行為である場合、家庭裁判所が該当する裁判所ですが、このケースは夫が再犯の可能性がある点がすでに刑事事件であるとして、「地方裁判所」に妻が申し入れをしている点です。

何故なら、「家庭裁判所」は、再犯の見込みがあるケースにおいて強制力を持たないが故、身柄を保護してほしいという命令は、通らないため、安全を考え、離婚が成立するまで保護をしてほしいというのが、この例になります。

まとめ

「家庭裁判所」「地方裁判所」の違いは、事務的な手続きで法律に乗っ取り、問題解決を図るか、もっと強制力を持って問題解決に当たるかという違いです。

「家庭裁判所」は、言ってしまえば、家庭内の問題であるが故、事務的な手続きで問題解決を図れますが、これが大きな事件性がある刑事事件となると、対象となる物の中には犯罪者である人物が生まれ、「地方裁判所」に手罪人であることを認めさせ、かつ処置を講じなければならないため、違いは、強制力を伴う大きな力が働くかどうかです。

その為、家庭内暴力の相談は、「家庭裁判所」ですが、家庭内暴力で身の危険がある場合、これは事件ですので、「地方裁判所」が事件として担当します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典