スポンサーリンク

「家政婦」と「家事代行」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家政婦」と「家事代行」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家政婦」「家事代行」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家政婦」とは?

「家政婦」とは、依頼者の家に行き、家事の補助と代行を助ける職業の人を指します。

お手伝いさんとも言い、家の御用聞きとして働く人を意味しています。

掃除、洗濯、料理を作るなど主婦が行う作業を担うのが家政婦の仕事です。

主に女性が就く職業として確立した家政婦は、乳幼児の育児から高齢者の介護も任されます。

そのため、家政婦になるには炊事、育児、介護の知識がある女性が優先的に採用されます。

その後、「家政婦」を派遣する仲介組織が誕生しました。

裕福な家庭や中流家庭から依頼された家へ行き、炊事を中心に行ったわけです。

ときには数ヶ月の期間住み込みで働くスタイルも生まれます。

「家政婦」は、メイド、女中とも呼び、長時間その家に雇われて、雇い主の出迎えから伝言の代役、家族の御用聞きまで幅広く仕事をこなすため、プライバシーにも踏み込む仕事です。

そのため、家庭内のことを口外せず、雇い主に従順な人が選ばれます。

「家事代行」とは?

日常的な家事を代わりにやってくれる「家事代行」とは、家事やベビーシッター、ハウスクリーニング、庭の草刈、スーパーへの買い出し、ペットの散歩まで幅広く時間単位で頼めるサービスを指します。

代行サービスは時間ごとに利用料金が決まっているスタイルをとっており、料金設定は各社によって違いはありますが、1時間あたりのサービス料金は平均して3,000円前後です。

仕事をしている女性が働いている時間に子供の面倒を見てほしい、留守にしている間だけ掃除してほしい、スーパーに依頼した物を買ってきてほしいなど、サービスを使いたいときにだけ利用できる家事代行のサービスの特徴です。

365日、深夜でも早朝でも利用可能な「家事代行」では、持続的に利用したい場合には定期契約がお得。

このサービスを利用することで精神的にも肉体的にも余裕が生まれると中高年に人気が広まっています。

「家政婦」と「家事代行」の違い

「家政婦」「家事代行」の違いを、分かりやすく解説します。

家政婦紹介所に家政婦を紹介してもらって契約した後、個人の方から仕事を任せるのが「家政婦」で、家事代行サービスは利用したいサービスを時間単位で個人が頼めるサービスという違いがあります。

「家政婦」の例文

・『プロの家政婦の道具は七つあればいい』

・『家政婦を予約するときに覚えておきたいポイント』

プロの家政婦の道具があり、炊事や掃除作業するときにあるとよりうまくできるようにできます。

また、「家政婦」を予約するときには、時間内に依頼したことが完了するようにサービスを利用することがポイントです。

追加料金がかからないようにしたいなら、事前にサービス内容をチェックしてから依頼するといいでしょう。

「家事代行」の例文

・『害虫駆除から庭木の剪定まで依頼できるのが家事代行の魅力です』

・『家事代行のメリットは時間と心に余裕が生まれる』

困った虫や生き物の害虫駆除から庭の木を丸く剪定して素敵な庭の剪定の依頼もできるなど、「家事代行」では今や頼める仕事が増えています。

また、「家事代行」を依頼することで自分の時間を持てますし、プロに任せることで安心できるため、心に余裕ができてストレスも解消できるのです。

まとめ

代わりにやってくれないかと思うことを気軽に頼めるのが「家政婦」「家事代行」の魅力です。

料金も安くなってきていますので、1時間からでも依頼してみて、会社の特徴を比較してみるのもいい方法です。

会社によってはサービス内容に違いがあったり、料金の違いがありますので、ホームページでチェックしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典