スポンサーリンク

「家賃」と「賃料」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家賃」と「賃料」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家賃」「賃料」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家賃」とは?

「家賃」とは、主にアパートやマンションと言った、賃貸物件に住む際に支払うお金の事を指します。

一般的には1か月単位で設定されており、住居のための「家賃」に関しての消費税は非課税となりますが、事務所や、店舗などの住居以外での目的での「家賃」は課税対象となります。

また「前家賃」と呼ばれる、入居の際に一か月先の「家賃」を支払う事が通例となっています。

「家賃」の使い方

「家賃」という言葉は、賃貸物件に住むためにかかるお金の事を指す場合に使用されます。

主に賃貸物件を借りた際の1か月ごとに支払うお金に対して使われる言葉ですので、賃貸物件以外の貸し借りの料金に対しては「家賃」とは使われません。

「賃料」とは?

「賃料」とは、何かを借りる際に支払う金額になります。

この場合はその借りる物の対象は広く、叙述した「家賃」も部屋を借りる際の「賃料」と言えます。

その他にも車を借りる際や、レンタル品の物を借りる場合に支払うお金も「賃料」という事になります

「賃料」の使い方

「賃料」は、何かを借りる際に使用される言葉になりますので、その借りる物の対象は広くなっています。

上述したアパートやマンションを借りる際に支払われる「家賃」「賃料」と言えますし、レンタカーや、レンタル品も「賃料」と言えます。

「賃料」「レンタル代」と言われることもありますが、ほとんどの場合は「家賃」を表している場合が多くなっています。

「家賃」と「賃料」の違い

「家賃」は主に、アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる際に掛かるお金の事を指します。

対して「賃料」は、「家賃」も含めた何かを借りる際に使用される言葉であるため、車を借りる際や、コピー機などの購入には費用が掛かるような物をレンタルする場合にも「賃料」という言葉が使用されます。

しかし「賃料」はほとんどの場合「家賃」の事を指す事が多くなっています。

「家賃」の例文

・『東京都心の家賃は想像以上に高額だ』

・『将来は家賃がとても安い、地方に住む予定だ』

・『月々の家賃が、家計の負担になっている』

「賃料」の例文

・『北海道旅行の際に使用したレンタカーの賃料が思ったより高額だった』

・『会社で借りているコピー機の賃料の支払いは毎月末だ』

・『店舗の清掃用具はすべてレンタル品であるため賃料が掛かっている』

まとめ

「家賃」は、主にアパートやマンションなどの物件を借りる際に支払う金額を指します。

対して「賃料」は何か物を借りる際に使用される言葉です。

よって「家賃」「賃料」の一部であるという事になります。

ほとんどの場合、「賃料」というと「家賃」を指す場合が多くなっているという事になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典