スポンサーリンク

「容姿」と「容貌」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「容姿」と「容貌」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「容姿」「容貌」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「容姿」とは?

「容姿」は、人の身なりから姿形まですべてを表す言葉です。

良し悪しで対象者の身なりからおおよそ、そうであろうという育ちまでを判断する要素で「容姿」が優れている者は育ちまで優れていると思われることが多いです。

思われるという部分ですが、育ちなどが本当に貴族のような環境で生まれ育っているかは別問題であくまで姿かたちが他者よりも優れているが故貴族のように見える、もしくは他者より劣るため、自分より劣った人物であると判断しているにすぎず、単に見た目で判断しているという意味です。

「容姿」の使い方

「容姿」は、その人を外見で見てどうであるかを判断する場合使用します。

例えば見た目が貴族のようであれば、容姿が良いと称し、貴族のようであるとすれば貴族であると認識をします。

ただし、実際に対象となるものが貴族であるかはわからず、あくまで見た目で判断する場合、「容姿」という言葉を用いて姿がどうであるかを判断するのです。

「容貌」とは?

「容貌」は、顔の印象のみでよし悪しを判断する言葉です。

例えば「容貌」が良いとあれば顔の出来が良いという意味で悪いはその逆です。

あくまで、顔を基準にしているため姿かたちはどうでもよく太っていてもイケメンであれば「容貌」は良いのです。

「容貌」の使い方

「容貌」は、人を顔だけで判断する場合使用る言葉です。

あまり良いことではありませんが、顔のみでイケメンであるか、そうではないかを判断する場合、「容貌」が良い悪いでその対象者の顔がどうであるかを示すのです。

「容姿」と「容貌」の違い

「容姿」「容貌」の違いは、姿かたちで対象を判断するか、顔のみで判断するかです。

両者とも共通点は良いか悪いかで対象者を判断している点で、言ってしまえば見た目だけで判断しています。

つまり内面を見る場合、両者はふさわしくない言葉で内面を見る場合、普通に内面を見るや基盤を見るなどその人の目元の内面を見る言葉に置き換える必要性があります。

まとめ

「容姿」「容貌」の違いは、顔だけで判断するか、顔を含んだ姿形で判断するかという違いです。

「容姿」は、顔を含めた姿形で実は人間の内面は見てないです。

これは、「容貌」も同じで「容貌」も人を顔のみで判断していますので顔がイケメンであるかそうではないかが判断基準です。

両者ともに人の内面を見ていない点が共通点であり、言ってしまえば、「容姿」「容貌」とは、そうあってほしいと思う物の一方的な願望でもあるのです。

例えば、「容姿」が貴族のようで、「容貌」がイケメンであれば多くは貴族であってほしいと思います。

ですが、実際には顔立ちおよび姿かたちが優れている人物は単に顔だけが良く衣服などもレンタル品を借りているエキストラの方である可能性もあるのです。

このように、「容姿」「容貌」は対象者がそうあってほしいと思う一方的な願いでもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典