スポンサーリンク

「容態が安定する」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「容態が安定する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「容態が安定する」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「容態が安定する」とは?意味

「容態が安定する」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「容態」「ようだい」と読みます。

「ようたい」と読むこともあります。

「容態」には、「一人の姿、かたち」を意味します。

また「一人の様子」を意味することもあります。

誰かの姿、かたちや様子がどのようになっているかを意味する言葉になります。

「安定する」は、「変わらず定まった様子」を意味します。

急激な変化がなく、一定していると感じられるとき、「安定する」という言葉を使うことができます。

これを踏まえて「容態が安定する」は、「一人の姿、かたち、様子が変わらず、一定している」という意味になります。

「容態が安定する」の概要

「容態が安定する」という言葉は、一人の姿やかたち、様子が変わらずに安定していることを意味します。

ただし、「容態が安定する」という言い回しをする場合は、基本的に、病気や怪我をした人に対して使われる言葉になります。

例えば、病院に運び込まれた患者に対して、「容態が安定する」という言葉を使い、患者の様子やバイタルサインが一定して問題がないことを示唆します。

「容態が安定する」の言葉の使い方や使われ方

「容態が安定する」という言葉は、基本的に病院などで使用される言葉になります。

病気をした人、怪我をした人に対して使われる言葉と覚えておきましょう。

例えば、体調が急変して救急車で緊急病院に運び込まれた人がいるとします。

駆け付けた家族が、その患者の様子を医師に聞く場面があるでしょう。

その時に医師が、患者の様子が落ち着いていてバイタルサインが一定だと考えることができれば、「患者さんの容態は安定しています」などと言うことになります。

すぐに命の危険はないというような意味が含まれているため、患者の家族はひとまずほっとするのではないでしょうか。

「容態が安定する」の類語や言いかえ

「容態が安定する」の類語として、「病状が落ち着く」という言葉があります。

「病状」「病気の状態」を意味する言葉で、「容態が安定する」に似た意味を持ちます。

ただし「病状」の方が「容態」よりも、特定の病気に特化した言葉になります。

同じように病院に運び込まれた人がいた場合でも、ある病気の進行具合について話をするときは「病状が落ち着く」という言葉を使い、バイタルサインについて、ざっくりと説明する場合は、「容態が安定する」という言葉を使うのではないでしょうか。

まとめ

「容態が安定する」という言葉についてみてきました。

この言葉は、ある人の様子を表す言葉になります。

しかしほとんどの場合、病院など医療施設など、けがや病気をした人の周辺で使われる言葉で、患者の様子を説明するときに使われています。

「容態が安定している」という言葉を聞いた患者の家族がほっとするような言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典