スポンサーリンク

「寂しがり屋」と「かまってちゃん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「寂しがり屋」と「かまってちゃん」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「寂しがり屋」「かまってちゃん」の違いを分かりやすく説明していきます。

あなたの周囲にもいるかもしれない、「寂しがり屋」「かまってちゃん」の意味と、違いとは何でしょうか。

スポンサーリンク

「寂しがり屋」とは?

「寂しがり屋」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「寂しがり屋」「さみしがりや」と読みます。

「寂しがり屋」は、「一般的な人と比較して、寂しいという気持ちが強い人」という意味があります。

ちなみに「寂しい」には「心が満たされず、物足りない気持ち」という意味もありますが、「寂しがり屋」の場合は、「仲間や相手になる人がいなくて、心細い」という意味が採用されます。

一人でいるのが苦手で、常に仲間や相手になる人がいないと、心細さがわいてきます。

寂しくなると元気がなくなってしまったり、泣き始めてしまうなど、他の人が放っておけないような状態になることもあります。

「かまってちゃん」とは?

「かまってちゃん」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「かまってちゃん」は、「かまってほしい」という気持ちが強い人のことを指します。

かまってほしいという気持ちが強すぎて、他の人に迷惑をかけるような言動をする人ので、「奇行」を起こすこともあります。

自己顕示欲や承認欲求が強いため、常に自分が注目を浴びるような言動を取る傾向があります。

周囲の人がかまってくれている場合は問題を起こすこともありませんが、周囲の人の反応がなくなると、奇妙な行動に走りがちです。

迷惑行為をして困らせたり、問題行動を起こして目立とうとすることがあります。

このように「かまってちゃん」は、あまり良い意味で使われる言葉ではなく、「困った人」という意味で使われる言葉になります。

「寂しがり屋」と「かまってちゃん」の違い

「寂しがり屋」「かまってちゃん」の違いを、分かりやすく解説します。

「寂しがり屋」「寂しい気持ちが強い人」を意味します。

一方の「かまってちゃん」は、「かまってほしい気持ちが強く、人に迷惑をかける」という意味があります。

「寂しがり屋」「かまってちゃん」は基本的に、一人が苦手で、誰かと一緒にいたいタイプです。

ただし、「寂しがり屋」は、心細さが苦手な人なのに対して、「かまってちゃん」は、注目されていないことが許せない傾向があります。

さらに、「寂しがり屋」は、一人にされると元気がなくなりますが、「かまってちゃん」は、迷惑行為を始めたり、奇妙な行動に走る傾向があります。

このように、「寂しがり屋」と比較して「かまってちゃん」は、人に迷惑をかけがちだという違いがあると考えることができます。

まとめ

「寂しがり屋」「かまってちゃん」の違いについて見てきました。

どちらも一人でいるのが苦手なタイプで、2つの言葉には共通点があります。

そこで、「他人に迷惑をかけてしまうのがかまってちゃん」と覚えておくといいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典