スポンサーリンク

「寝違え」と「むちうち」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「寝違え」と「むちうち」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「寝違え」「むちうち」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「寝違え」とは?

眠りから覚めたときに発生がわかる、首や背中の筋肉に発生した急性の炎症による痛みを指し、痛みによって自由に発生した部位を動かせなくなってしまう症状も含みます。

血流の停滞が発生理由とされており、眠っている姿勢が理由となるところから発生を完全に抑えることが難しく、ストレスなどによる体の緊張状態によって誘発されます。

プロ野球選手は寝違えが原因で出場を回避するケースが有り、いかに防ぐのが難しく、短時間に治療するのが難しいのかわかるでしょう。

首や肩が主な発生部位とされており、発生箇所はまず安静にすることが大事で、湿布を貼ったり、冷やしたり、炎症を抑える薬を服用するのも効果があるとされています。

発生箇所を無理に回したりする行為は痛みが悪化するためやめたほうが良いでしょう。

「むちうち」とは?

「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」を指し、自動車事故やスノーボードの事故などで首、頭が大きく揺さぶられることで発生するものです。

首の痛みや動かしづらさ、手足のしびれや握力の低下、頭痛やめまい、耳鳴り、吐き気、顎関節の痛み、だるさや疲れなどの症状があります。

症状自体は発生から遅れて出てくることが多く、翌日以降に現れるケースもあります。

交通事故において最も多く発生する症状でもあります。

治療はカラーによる頚椎の固定、電気治療、注射などがあり、主に接骨院で行われます。

柔道整復師による治療を行う整骨院では保険適用が出来ないので注意が必要です。

脱臼や骨折のケースでは病院で手術が行われます。

軽症であれば安静期間は1週間程度とされ、無理のない範囲で普段の生活をするという指示が医師から出されます。

対処法として湿布も有効で、温熱療法などもあります。

「寝違え」と「むちうち」の違い

「寝違え」「むちうち」の違いを、分かりやすく解説します。

「寝違え」は眠っているときの姿勢からくる血行障害から発生する急性炎症による首や肩の痛みで、数日で治るものではありますが、完全に防ぐ方法はなく、すぐに治療する方法もなく、安静にすることや湿布を貼ることなどで対処します。

「むちうち」は交通事故やスキー、スノーボードの事故などで首や頭を大きく揺さぶられたときに発生してしまう主に事故を発生源とする症状で、寝違え以上に治療に期間がかかり、肩や首の痛みだけにとどまらず、症状も手足のしびれやだるさ、頭痛やめまいなども発生することがあり、手術や接骨院などで通院治療をする必要があるものもあります。

寝違えと異なり、全く出歩かなければ防げますが、やや非現実的とも言えます。

また、寝違えとは違い、一生経験したことがない人もいる症状です。

まとめ

勝手に発生してしまうと言える寝違えに対し、事故が原因で発生するのがむちうちで、対処法、治療法自体は寝違えの延長線上にあるのがむちうちですが、症状としてむちうちの方が明らかに厳しいものと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典