「対人関係」と「人間関係」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「対人関係」と「人間関係」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「対人関係」「人間関係」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「対人関係」とは?

「対人関係」の意味と使い方について紹介します。

「対人関係」の意味

「対人関係」「たいじんかんけい」と読みます。

意味は「社会生活において、個人と個人との結びつきの状態のこと」です。

「対人関係」の使い方

「対人関係」は、社会生活をする上で、個人と個人がどの様に結びついているかという状態のことを言います。

会社や組織で接触する複数の人達とのかかわり合いをひっくるめたものではなく、ある特定の人と人が、どの様にかかわり合っているのかを表す言葉です。

「対人関係でトラブルがあった」は、特定の人と何かしらのいざこざがあった時に使われます。

「人間関係」のうちの個人的な関係を表す言葉ですが、人とのかかわり方に変わりはないので、同じ意味で使われることも多くなります。

「人間関係」とは?

「人間関係」の意味と使い方について紹介します。

「人間関係」の意味

「人間関係」「にんげんかんけい」と読みます。

意味は「集団や組織内における人と人との結びつきの状態のこと」です。

「人間関係」の使い方

「人間関係」は、会社や学校など、集団や組織内などにおいて、人同士がどの様に結びついているかという状態のことを言います。

広い意味で自分の周囲の人達を「人間」と枠組みして、その全ての人達とのかかわり合いを表す言葉です。

家族、友達、会社、サークルなど、ある枠組みの中にいる人たちのとのつながりは、全て「人間関係」になります。

「人間関係でトラブルがあった」は、個人同士の問題のこともあれば、複数の人達が絡みあう複雑な状態を表すこともあるのです。

「対人関係」と「人間関係」の違い!

「対人関係」「社会生活において、個人と個人との結びつきの状態のこと」です。

「人間関係」「集団や組織内における人と人との結びつきの状態のこと」です。

まとめ

今回は「対人関係」「人間関係」の違いをお伝えしました。

「対人関係は個人同士の関係」「人間関係は集団での関係」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典