スポンサーリンク

「対策」と「施策」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「対策」と「施策」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「対策」「施策」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

この2つの言葉の違いや使い方をマスターして、ご自分のスキルアップ等に役立てたり、日々の生活の中で利用できるシーンがあれば是非とも利用してみてください。

スポンサーリンク

「対策」とは?

最初に「対策」の意味をご説明致します。

「対策」の意味としては、基本的に生じる事柄によって自分に影響がある場合に対応するための手立てと認識してください。

もちろんですが、生じる事柄によって人が生じる場合は、その相手に対しての手立てとして「対策」と使う場合もありますので、把握しておいてください。

「施策」とは?

次は「施策」の意味を解説していきます。

「施策」の意味としては、基本的に政治用語であると最初に理解しておいてください。

よって「施策」の意味とは、政策による具体的な対策を組み立てることを意味しております。

そして、その対策を実際に実践する際にも、「施策」と表現しますので、押さえておいてください。

参考になれば幸いです。

「対策」と「施策」の違い

ここの項目にて「対策」「施策」の違いを解説します。

「対策」「施策」の違いは、上で解説した意味を参照してください。

すると違いは見えてくるはずです。

前者の場合は、基本的に自分に対して生じる事柄や相手に対する手立てと理解してください。

また、後者の方は、政治用語であり、政策による具体的な対策を立てたあとにその対策を実際に実践する時に用いますので、把握しておいてください。

以上が「対策」「施策」の違いとなります。

「対策」と「施策」の使い方の違い

次は「対策」「施策」の使い方の違いを見てみましょう。

「対策」を使う時は、「これで税金対策はバッチリだと社長が言っていた」という使い方は、イメージしやすいはずです。

そして、「施策」を使う時は、「景気回復の施策として、定額給付金を配る方針を決めた」というのが分かりやすいでしょう。

「対策」を使った例文

・『不審者対策として護身術を身に着けた』
・『税金対策として車を購入したと言っていた』
・『対策が万全でも油断は禁物だ』
・『敵機を撃墜する数を挙げるために、搭乗員達が対策を練っているようだ』
・『売り上げ激減の対策している最中だ』

「施策」を使った例文

・『政治家が施策を練っているようだ』
・『少子高齢化の施策として福祉分野の予算を増やすようだ』
・『1度きりの定額給付金だけでは、景気回復の施策としては不十分極まりない』
・『施策が成功する時もあれば、失敗する時もある』
・『政治施策の一環として、他国との連携を強化するようだ』

「まとめ」

最後はまとめとして、「対策」というのは生じる事柄や相手に対する、こちらが立てる手立てと理解してください。

そして、「施策」というのは政治用語であると認識してください。

これは、政策で具体的な対策を立てて、その対策を実際に実践する時などに使いますので、覚えておいてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典