「専業主婦」と「家事手伝い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「専業主婦」と「家事手伝い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「専業主婦」「家事手伝い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「専業主婦」とは?

「専業主婦」の意味と使い方について紹介します。

「専業主婦」の意味

「専業主婦」「せんぎょうしゅふ」と読みます。

意味は、「結婚後に所得を得る労働をせず、自宅で家事や育児に専念する女性のこと」です。

「専業主婦」の使い方

「専業主婦」は、結婚した後に会社勤めやパートなど、所得を得る労働をせず、自宅で家事全般をこなしたり、育児に専念する女性のことを言います。

昔は「専業主婦」と言えば、夫の収入で楽をする女性というイメージが多かったのですが、現在では家事労働や育児の大変さが社会的に認知され、「専業主婦」も立派な「職業」と見なされています。

「専業主婦」は夫の扶養家族として社会保険や厚生年金に加入できます。

尚、パートをしている場合でも夫の扶養に入っている場合は「専業主婦」扱いになります。

「家事手伝い」とは?

「家事手伝い」の意味と使い方について紹介します。

「家事手伝い」の意味

「家事手伝い」「かじてつだい」と読みます。

意味は「自宅で家庭生活に必要な仕事を手伝う未婚の女性のこと」です。

「家事手伝い」の使い方

「家事手伝い」は、自宅で母親の元、家庭生活に必要な仕事を手伝う未婚女性のことを言います。

「専業主婦」との違いは、「未婚である」という点です。

「家事手伝い」は基本的に、無職・無就学であり、仕事をしている人や学生は含まれません。

昔の女性は、学校を卒業した後一度も働かずに結婚することが多く、自宅で花嫁修業として母親の炊事・洗濯・掃除や育児などを手伝い、家事を覚えることが多くありました。

お見合いをする時に「無職」よりは「家事手伝い」とした方がイメージが良くなることから使われています。

「専業主婦」と「家事手伝い」の違い!

「専業主婦」「結婚後に所得を得る労働をせず、自宅で家事や育児に専念する女性のこと」です。

「家事手伝い」「自宅で家庭生活に必要な仕事を手伝う未婚の女性のこと」です。

まとめ

今回は「専業主婦」「家事手伝い」の違いをお伝えしました。

「専業主婦は既婚女性」「家事手伝いは未婚女性」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典