スポンサーリンク

「尊敬の念を抱く」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「尊敬の念を抱く」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「尊敬の念を抱く」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「尊敬の念を抱く」とは?意味

「尊敬の念を抱く」は、思いやる気持ちを持ち続けるという感情を抱くことです。

つまりは思いやりの心を持つことを、尊敬と呼び、決して相手の方を崇拝したり、強い感情を持ち指示をすることではないです。

個人を崇拝したり、個人を支持する場合は、畏敬という言葉を使用して、「畏敬の念を抱く」とすることで尊敬よりも重い感情を持つとします。

「尊敬の念を抱く」の概要

「尊敬の念を抱く」という行為ですが、勘違いが多い言葉で、尊敬を畏敬という言葉と同じであると考える人が非常に多いです。

ですが、「尊敬の念を抱く」の尊敬はあくまで故人を思いやる気持ちを持つことであるため、実は、相手の方を神格化して神様のようにあがめることや師匠と弟子の関係のように上下関係を持たせることではないです。

師匠や弟子、または神様のような存在であるという場合、「畏敬」という言葉を使用して、「畏敬の念を抱く」とするのが正しい日本語になります。

「尊敬の念を抱く」の言葉の使い方や使われ方

「尊敬の念を抱く」という言葉は、相手を敬い優しい気持ちで思いやる心を持った場合、その感情を示すために使用します。

この時、思いやる心を持ったものは自分や周囲の人間であり、この言葉の対象となるものは自分以外でも成立します。

例えば、A君がCさんに「尊敬の念を抱く」と周囲に述べた場合、言葉を述べたものの主観でそのように感じたとなるのです。

その為、A君自体は、別にCさんに対して優しい感情がなくとも言葉自体は成立するのです。

「尊敬の念を抱く」の類語や言いかえ

「尊敬の念を抱く」の類語および言いかえですが、相手を崇拝してもよいと仮定した場合、類語や言いかえに、「崇拝の念を抱く」「心酔する」という言い方で相手の考えや思考を完全に支持するという言いかえや類語に「尊敬の念を抱く」を置き換えることができます。

また、単純に相手にやさしい気持ちで接するという本来の尊敬の念の意味で置き換えや類語を探すのであれば、「優しい気持ちを持つ」や、「敬愛の念を持つ」などで慈悲の心を持つように表現方法を変化可能です。

まとめ

「尊敬の念を抱く」ですが、多くの方は尊敬=畏敬とを同じ言葉であると考えている人が多いです。

ですが、畏敬はあくまで個人的な崇拝を意味する言葉で言ってしまえば個人崇拝です。

一人の個人を神様のように扱うため、それを「尊敬」とするのはふさわしくはありません。

その為、「畏敬の念を抱く」「尊敬の念を抱く」を分けて考える必要性があり、「尊敬の念を抱く」は相手の方に対して優しく接する気持ちを持ち続けようとすること、「畏敬の念を抱く」は個人崇拝をして一人を神様として扱うことであると分けることが重要になります。

恐らく、尊敬の尊という文字が尊ぶという意味の言葉であるが故、神様と同じであると勘違いしたが故、「尊敬の念を抱く」は本来の意味以上に神格化されたのだと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典