スポンサーリンク

「小国」と「大国」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「小国」と「大国」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「小国」「大国」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「小国」とは?

面積が狭い国、また国力が弱い国です。

もともとは、領土が狭い国を指しており、国力が弱いとは限りません。

国力があり、面積が狭い国を指す場合もあります。

面積が狭いとは、具体的に何平方キロメートルなのか定義されていません。

総務省統計局「世界の統計」2021によると、面積の小さい国一位はバチカンで、0. 4平方キロメートルです。

次がモナコで2平方キロメートル、その次がナウルで21平方キロメートルとなっています。

東京ドームの面積は46755平方メートルで、バチカンはこれよりも面積が狭いです。

ベルギーの面積は約30690平方キロメートルです。

日本の面積が約378000平方キロメートルで、これに比べると狭いです。

しかし、国力のある国です。

プラスチックは世界のシェアの3. 3%ほどを占めており、世界7位ほどです。

「小国」の使い方

面積が狭い国を指して使用する言葉です。

何平方キロメートルを狭いというのか定義はありません。

「大国」とは?

面積が広い国、また国力の大きな国です。

面積が広いとは、具体的に何平方キロメートルなのか定義はありません。

総務省統計局「世界の統計」2021によると、面積が広い国の一位はロシアで、17098246平方キロメートルとなっています。

次がカナダで9984670平方キロメートル、その次がアメリカ合衆国で9833517平方キロメートルです。

面積が広いからといって、必ずしも国の力があるとは限りません。

インドは面積が3287263平方キロメートルで、世界で7番目に面積が広い国です。

現在は急速に経済成長を遂げていますが、以前は発展途上国と呼ばれていました。

「大国」の使い方

面積が大きな国や、国力のある国を指して使用する言葉です。

特に経済力や軍事力のある国をいいます。

「サッカー大国」「医療大国」のような使い方もします。

「小国」と「大国」の違い

どちらの言葉も国を指しているのですが、その国の面積や力に違いがあります。

前者の言葉は、面積が狭いものを指しています。

後者の言葉は、面積が広いものや、国力のあるものを指しています。

どちらの言葉も、具体的に何平方キロメートルなのかという定義はありません。

力については、政治力や軍事力についてを特にいいます。

「小国」の例文

・『小国を訪れる』

・『小国ながら国力がある』

・『小国とみなされている』

・『素晴らしい自然の残っている小国』

「大国」の例文

・『大国の仲間入りをする』

・『大国だとみなされている』

・『大国が介入してきた』

・『大国として発言力を持っている』

まとめ

どちらの言葉も国を指しています。

違いは面積や国の力です。

面積がどれくらいを小さいというのか、大きいというのかは定義はありません。

国力については、力があると世界的にみなされると「大国」と呼ばれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典