スポンサーリンク

「小論文」と「論文」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「小論文」と「論文」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「小論文」「論文」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「小論文」とは?

小論文は主に与えられたテーマに沿って書き上げ、学んだ知識や経験などを参考にすることが特徴です。

また、事前に文字数が決められているため、長すぎないようにきちんと分かりやすくする必要があります。

作成をするためには時間が決められ、事前に準備して自分自身の自由な考え方や感想などを織り交ぜるようにすることが大事です。

就職活動や入学試験を受けるときは必ず出題されるため、きちんと時間内に書けるようにすることが求められます。

また、評価されるポイントは筋が通った文章であることや、「て・に・を・は」などを正しく使っていることです。

このため、文章力があるかどうか試されるため、きちんとテーマを決めて手順を決めて作成する必要があります。

「論文」とは?

論文は学術論文とも呼ばれ、実験や多くの資料を参考にする必要があります。

作成するときは角度を変えて様々な考え方を紹介し、自分自身の考えや理論を織り交ぜることが必要です。

また、事実に基づいて作成するため、意見を入れずに自分自身の考え方や理論、理屈を織り交ぜないといけません。

論文は小論文のように文字数や時間の制限がないため、自由に書けますが卒業論文は提出期限があります。

評価されるポイントは全体的な内容になり、読み手に理解できるよう明確にすることが大事です。

論文は学位請求論文や論文試験があり、学位を取ったり大学や国家試験などを受けるためにはきちんと作成できるようになる必要があります。

「小論文」と「論文」の違い

小論文は論文の中に含まれますが、違いといえば評価される基準や文章の長さになります。

論文は全体的な流れや内容で評価されるため、予備知識だけでなく自分の考え方をきちんと伝えないといけません。

小論文はテーマが定められていますが、時間内に決められた長さの文章を作成できるようにすることが必要です。

また、論文は小論文を応用したものになり、目的に合わせてきちんと使い分けることが求められます。

「小論文」の例文

・『大学受験では小論文を書く必要があり、きちんとした文章力を付けることが大事。』

・『小論文はテーマに沿って書くことになるため、予備知識を付けてまとめるようにしないといけない。』

「論文」の例文 ※例文は箇条書き

・『大学を卒業するためには論文を書かないといけないが、学んだ成果を見せるようにすることが重要だ。』

・『論文は専門的な知識を付け、なおかつ自分自身の考え方や理論をアピールするため難しい。』

まとめ

小論文は論文に含まれますが、テーマが定められているため範囲が限られて書きやすいです。

論文は長さや時間に制限がないものの、難易度が高く労力がかかりますが学んだ成果をアピールするためには効果があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典