「就職活動」と「転職活動」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「就職活動」と「転職活動」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「就職活動」「転職活動」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「就職活動」とは?

「就職活動」の意味と概要について紹介します。

「就職活動」の意味

「就職活動」「しゅうしょくかつどう」と読みます。

意味は「勤め先を探す為の様々な行動のこと」「学生が初めて勤め先を探す様々な行動のこと」です。

「就職活動」の概要

「就職活動」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「現在仕事していない人が、勤め先を探す為の様々な行動」という意味で、学生だけではなく主婦やフリーター、一度会社を退職した人など、現在働いていない人が勤め先を求めて求人に応募したり、履歴書を送ったり、面接を受けたりする行動のことを言います。

2つ目は「高校生、大学生、短大生、専門学生など、学生が初めて勤め先を探す為の様々な活動」という意味で、一般的にはこちらの意味で使われることが多くなります。

学生の「就職活動」「就活」とも呼ばれ、毎年企業の募集が解禁になった時期から始まります。

始めて就職することから実力差が見えない為に、志望動機や自己PRが重視されます。

「転職活動」とは?

「転職活動」の意味と概要について紹介します。

「転職活動」の意味

「転職活動」「てんしょくかつどう」と読みます。

意味は「現在会社に勤めている人が、新しい勤め先を探すこと」です。

「転職活動」の概要

「転職活動」は、現在会社に勤めている人が、新しい勤め先を探して様々な行動をすることを言います。

現在会社に勤めているものの、「もっと条件の良い会社に入りたい」「やりたい仕事がある」「仕事が合わない」などの理由で、違う会社を探すことです。

また、次の仕事を見つけるつもりで既に前の会社を退職したものの、情報収集や応募、面接をしている人に対しても使われる言葉です。

「転職活動」は、自分の決めたタイミングで行い、その仕事に対する知識や経験、スキルが重視されます。

「就職活動」と「転職活動」の違い!

「就職活動」「勤め先を探す為の様々な行動のこと」「学生が初めて勤め先を探す様々な行動のこと」です。

「転職活動」「現在会社に勤めている人が、新しい勤め先を探すこと」です。

まとめ

今回は「就職活動」「転職活動」の違いをお伝えしました。

「就職活動は勤め先を探す」「転職活動は勤め先を変える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典