「居心地のいい環境」と「ぬるま湯」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「居心地のいい環境」と「ぬるま湯」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「居心地のいい環境」「ぬるま湯」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「居心地のいい環境」とは?

「居心地のいい環境」の意味と使い方について紹介します。

「居心地のいい環境」の意味

「居心地のいい環境」「いごこちのいいかんきょう」と読みます。

意味は、「自分にとって都合がよく、いつまでもそこにいたいと思う状態のこと」です。

「居心地のいい環境」の使い方

「居心地のいい環境」は、自分にとって良い条件が揃っていて気持ちが良く、ずっとそこにいたいと思う状態のことを言います。

日常的に使われる言葉で、実家で親と暮らしていて、身の回りの世話を全て親にして貰っているので楽な状態や、職場で人間関係が良く、仕事がスムーズに行く状態などを言います。

その人にとって都合がいいことであり、良い影響・悪い影響という意味までは含みません。

「居心地のいい環境」にいることで怠ける人もいれば、ストレスがない分やる気が出て大きく成長する人もいるのです。

「ぬるま湯」とは?

「ぬるま湯」の意味と使い方について紹介します。

「ぬるま湯」の意味

「ぬるま湯」「ぬるまゆ」と読みます。

意味は「通常より温度が低いお湯のこと」「刺激や快感などがなく、努力しなくてもいい楽な状態」です。

「ぬるま湯」の使い方

「ぬるま湯」は、本来の意味は「通常より温度が低いお湯のこと」ですが、転じて「毎日特に変化がなく、今以上に努力しなくても楽に過ごせる状態のこと」という意味で使われます。

仕事で皆がやる気のない職場にいて、誰も努力しないので楽に過ごせてしまったり、競争が全くない環境で過ごした為に向上心がなくなってしまったりすることを言います。

結果的に成長できないという悪い意味で使われます。

「居心地のいい環境」と「ぬるま湯」の違い!

「居心地のいい環境」「自分にとって都合がよく、いつまでもそこにいたいと思う状態のこと」です。

「ぬるま湯」「刺激や快感などがなく、努力しなくてもいい楽な状態」です。

まとめ

今回は「居心地のいい環境」「ぬるま湯」の違いをお伝えしました。

「居心地のいい環境は良い影響・悪い影響どちらも使う」「ぬるま湯は悪い影響に使う」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典