スポンサーリンク

「屈辱」と「侮辱」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「屈辱」と「侮辱」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「屈辱」「侮辱」の違いをご存知ですか?

この記事では、「屈辱」「侮辱」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「屈辱」とは?

「屈辱」「くつじょく」と読みます。

「屈」という漢字には、「へこむ」「くじける」「へりくだる」という意味があります。

「辱」「はずかしめる」「かたじけない」といった意味を持っています。

この2つの漢字から構成される「屈辱」「抑えつけられて恥を受けること」という意味があります。

「屈辱」は自分が恥を受けることです。

「屈辱をあたえる」という表現を使わないわけではありませんが、「屈辱を受ける」「屈辱に耐える」といった使い方の方が一般的です。

類語に「恥辱」という言葉がありますが、「屈辱」の方がいくらか意味が強くなります。

また「屈辱」には「恥辱」の他に、「汚辱」や後述する「侮辱」といった類語があります。

「侮辱」とは?

「侮辱」「ぶじょく」と読みます。

「侮」の字には、「相手を軽く扱う」といった意味や、「あなどる」「あなどり」という意味があります。

そして「辱」は前述したように「はずかしめる」「かたじけない」という意味を持っています。

この2つの漢字から構成される「侮辱」は、「見下して恥をかかせること」「はずかしめ」「見下して、名誉などを傷つけること」という意味を持っています。

「侮辱を受ける」「侮辱される」という表現を使うことはありますが、「侮辱」は他動詞なで「侮辱する」と使うのが一般的です。

「侮辱」の類語には「屈辱」「汚辱」の他に「蔑視」「軽蔑」といった言葉があります。

「屈辱」と「侮辱」の違い

用語の意味はお分かりいただけたでしょうか?「屈辱」とは「抑えつけられて恥を受けること」です。

「屈辱を受けた」という言葉が表すように、相手に抑えつけられて自分が恥ずかしい思いをすることです。

つまり自分が「される」側になります。

そして「侮辱」「見下して恥をかかせること」、つまり相手に対して恥ずかしい思いをさせることです。

侮辱の場合は「する」側にも「される側」にもなります。

例えば「侮辱される」「侮辱を受ける」という使い方もします。

ですが「侮辱する」という使いかたが一般的です。

「屈辱」の例文

・『彼はプライドが高かったので、その屈辱を無視する気にはなれなかった』
・『こんな屈辱味わうとは 思いませんでした』
・『彼女は彼の率直な言葉に屈辱をおぼえた』
・『絶望と屈辱感に蝕まれるようになりました』

「侮辱」の例文

・『私はそのような侮辱には耐えられない』
・『彼が絶えず侮辱したので私の怒りをかった』
・『彼は侮辱されたがどうにか怒りをおさえた』
・『彼の沈黙は私を侮辱しているような気がした』

まとめ

以上が「屈辱」「侮辱」の違いになります。

「屈辱」は相手から、自分が恥ずかしい思いを受けること。

そして「侮辱」は自分が相手に対して、恥ずかしい思いをさせることだと覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典