スポンサーリンク

「屑プット」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「屑プット」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「屑プット」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「屑プット」の意味

「屑プット(くずぷっと)」とは、「極端に評価額の安い(あるいは極端に価格が暴落した)先物投資のオプションを空売りすること」を意味している投資用語です。

「屑プット」の解説

「屑プット」という投資用語は、「極端に評価額の安くなった(あるいは価格が暴落した)先物投資のオプションを空売りすること」を意味しています。

「屑プット」「それ以上価格が下がりにくいため、空売りリスクが相対的に小さい」という特徴があります。

先物取引のオプションには「コール」「プット」の取引があります。

「コール」「日経平均が上昇すれば値上がりする順張りのオプション取引」であり、「プット」のほうは「日経平均が下落すれば値上がりする空売り(逆張り)のオプション取引」になります。

「屑プット」というのは「屑(くず)のように価格が暴落したオプションにプット(空売り)の投資をすること」であり、「日経平均が下落するほど利益を得られる取引・投資」を意味しているのです。

「屑プット」の使われ方

「屑プット」の使われ方は、「屑(くず)と見なされるほどに極端に評価額(基準価格)が安くなっている先物投資のオプションに空売り(プット)の投資を仕掛ける場合」に使うという使われ方になります。

「屑プット」という投資用語は、「すでに十分すぎるレベルにまで評価額が暴落していて、空売りのリスクが小さくなったオプション商品でプット(空売り)の投資をする時」に使われるのです。

例えば、「コロナ禍で日経平均が暴落する少し前に屑プットしていたので、投資資金の10倍以上の利益を確定することができました」といった文章で使うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典