スポンサーリンク

「崇拝」と「信仰」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「崇拝」と「信仰」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「崇拝」「信仰」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「崇拝」とは?

「崇拝」は、心から深く引かれて夢中になり、敬い尊ぶことを意味します。

敬うには、上位のものに礼を尽くすこと、尊ぶには、価値あるものとして重んじることという意味があります。

「崇拝」は宗教に関係する事柄で使用されることが多い言葉ですが、「有名人を崇拝する」のように宗教以外の場面でも使用されます。

「崇」はたっとい、あがめるという意味がある漢字で、「拝」はおがむという意味がある漢字です。

「信仰」とは?

「信仰」は、神仏を信じて崇めること、特定の対象を絶対のものとして疑わないことを意味します。

崇めるとは、尊いものとした敬うこと、大事に扱うことです。

「信仰」は宗教に関係することにも、宗教以外のことにも使用されます。

「信」はしんじる、まことという意味がある漢字で、「仰」はあおぐ、あがめる、うやまうという意味がある漢字です。

「崇拝」と「信仰」の違い

「崇拝」は、心から引かれて夢中になり、価値を重んじることを意味します。

「信仰」は、特定の対象を絶対のものとして疑わないことです。

「信」という漢字が使われているように、「信じる」という点が「崇拝」とは異なります。

まとめ

どちらも宗教で使われることが多い言葉ですが、意味するところは違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典