「差異」と「違い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「差異」と「違い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「差異」「違い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「差異」とは?

「差異」とは、「違い」「隔たり」という意味になります。

「隔たり」は二つのものが場所、時間的に離れる、二つの物事の差が大きくなる、といった意味と、人と人の仲が疎遠になるといったことも表す言葉です。

つまり人間関係において価値観、意見など「差異」が大きくなればなるほど、理解しあえないといった気持ちになるとも言えるでしょう。

他に使い方として「予算と、実際の支出にこれだけ差異が出るとはありえない」「両者の意見に大きな差異はありませんが、お互い嫌い合っているのは確実のようです」などと、使います。

「違い」とは?

「違い」とは「相違」または「差」という意味になります。

他に「誤り」「間違い」という意味もあります。

「計算違い」「勘違い」といった言葉は後者の意味であると解釈できます。

他に「性格の違いがあっても相性が合うこともある」「あの二人にそれほど違いはない、どっちも似たようなものだ」「これほど違いがあるのに、誰も気がつかなかった」などと、使います。

「差異」と「違い」の違い!

「差異」「違い」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は同義語としても使えますが、「差異」という言葉には「隔たり」という意味合いがありますので、その場合は「違い」とは意味合いが同じではありませんので、注意してください。

「隔たり」とは間隔、開きといった意味になります。

二つのものが場所的、時間的に遠く離れること、物事の差が大きくなることといった意味です。

また人間関係が疎遠になることでもあります。

そのような意味合いも含んでいますので「両者の意見には差異がある」と言いますと、心の距離があり意見が一致しない関係性とも読み取れるのです。

「違い」「誤り」「間違い」といった意味でも使います。

「記憶違い」とは言いますが「記憶差異」とは言いませんので気をつけてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「差異」「違い」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも同じ意味を持っているのですが、それぞれに複数の意味があります。

別の意味の場合は混同しないように気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典