スポンサーリンク

「帰途につく」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「帰途につく」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「帰途につく」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「帰途につく」とは?意味

「帰途につく」は、帰り道の道筋に入ることで家路に帰る道筋に入ることです。

「帰途につく」は実は、帰り道に入ることのみになるため、実際に帰る場所に帰れたかどうかはわかりません。

つまり「帰途」は、単にいつも徹帰り道や恐らく目的の場所に帰ることができる道につくだけです。

「帰途につく」の概要

「帰途につく」は、「帰途に就く」と書くのが正しく、その理由は、「帰途に着く」とした場合、到達点が帰り道に到着したことでお話が終わってしまい、その後どうなるのかという矛盾の他、帰宅するための道の前まで来てスルーしたのかという問題が生じるため、この場合は帰り道に無事ついて帰り始めることを示す、就くが正しいです。

就くは、動作を示す言葉なので帰り道を帰り始めたとなります。

「帰途につく」の言葉の使い方や使われ方

「帰途につく」は、帰り道を歩き始めたということを表現するために使用する言葉で、第3者に、これから帰路に就きますと言い、自宅に帰る途中だというために使用します。

「帰途につく」を使った例文

・『仕事が終わったので、帰途につく』
この例は、仕事が終わったので、帰り道に入って家に帰る途中であることを述べています。

「帰途につく」は帰り道に入ったことで家に帰る途中であることを示すため、この例では仕事が終えたから家に帰る途中であることが分かります。

・『帰途につくにはまだ時間がかかりそうだ』
この例は、恐らく仕事が長引き、帰り道に入ることが遅れそうだとした例です。

「帰途につく」は、必ずしも帰り道に入ることを確定する意味ではなく、できそうにないような表現をすることも可能で、この例の場合、まだ時間がかかりそうだとすることで、今すぐにできることではないとしています。

・『残業続きで会社に泊まるが故、帰途につくことすらできやしない』 この例は、残業によって会社に寝泊まりしているが故、自宅に帰る道にすら立ち寄れないことを嘆いた例です。

「帰途につく」は帰り道につくことであり、自宅に帰る道などを意味するため、その道にすら立ち寄れないくらい、残業を課すブラックな企業であるようにも見えます。

まとめ

「帰途につく」は、実は、自宅などに帰る道に入ることで、自宅に必ず帰ることではないです。

その為、似た言葉である、「帰路につく」も同様に家に帰る道に入っただけで無事家に帰ったわけではないです。

その為、「無事帰途につく」という言葉は、単に家に帰る道までは無事に来ることができたという意味になり、その後その道を通り無事に家に帰ったかどうかは未知数で、暴漢に襲われるかもしれませんし、未知を間違えることも考えられ、帰る場所の目的地が変更されることも考えられます。

その為、家に帰ったことを知らせるのであれば、普通に自宅に到着したと述べるか、帰宅したとするのが正しく、帰宅するですら、日本語的には、家に帰ることができたのか心配されてしまうため、帰宅したと断言して周囲に知らせるのが正しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典