「帳消し」と「相殺」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「帳消し」と「相殺」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「帳消し」「相殺」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「帳消し」とは?

「帳消し」とは、複数の意味がある言葉です。

勘定が済み、ノートに書いてあるものを消すということで、貸し借り、義務、報酬などを済ませ、お互いの損得関係をなくすということでもあります。

お金のことだけでなく、物事など何かを差し引き、価値、意味がなくなるといったことにも使う言葉です。

「先日、成功したと言っても、今日の失敗で帳消しどころか大きなマイナスだ」「いくら謝っても、帳消しにすることはできない」「夏休みに毎日、家業の手伝いをして、借金を帳消しにしてもらう約束をした」などと、使います。

「相殺」とは?

「相殺」とは、貸し借り、損得などをお互いに消し合い、結局はゼロとなることを言います。

例えば、AさんがBさんにお金を借りていたとします。

Aさんは今すぐにお金を返すことはできませんが、Bさんの仕事の手助けをする能力を持っていたとします。

その際Bさんの仕事を手伝い、給料を貰わないという方法をとったとすれば、借りたお金を労働(ただ働きをする)という形で解決することができるのです。

このような事例を「相殺」と言い表します。

「帳消し」と「相殺」の違い!

「帳消し」「相殺」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも、お互いの損得がなくなる、という意味合いにおいては同じですが、違いがありますので使い分けるようにしましょう。

「帳消し」は勘定、義務、報酬といったものを「済ませる」ことで「損得がなくなる」ことを言います。

一方の「相殺」とは相反するものがお互いに影響し合い、その効果として「差し引きゼロ」の状態になることを言います。

例えば「借金」があるとして、お金を払って借金をなくすことは「帳消し」と言います。

そして、必ずしもお金でなく、同等の物品、労働力などで借金を返したと同じ効果をもたらすことを「相殺」と言います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「帳消し」「相殺」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解して、使い分けるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典