スポンサーリンク

「常連客」と「リピーター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「常連客」と「リピーター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「常連客」「リピーター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「常連客」とは?

「常連客」は、飲食店や遊戯場などに、いつも来る客のことです。

客とは、訪問者、購買者、旅人のことを意味しますが、「常連客」という場合は訪問者や購買者のことを意味しています。

「常連」にはいつも来る「客」という意味があるので、「常連客」「客」をつけずに「常連」といっても同じ意味になります。

店には、飲食店、雑貨店、衣料品店、遊技場、旅行店などさまざまな種類がありますが、「常連客」は飲食店や遊戯場などにいつも来る客のことを指します。

「リピーター」とは?

「リピーター」は、繰り返す人のことです。

旅行などで何度も同じ場所を訪れる人、何度も同じ商品を購入する人のことなどをいいます。

通販で販売されている商品の広告ページには「リピータ率○○%」と紹介されていたりします。

これは、その商品を気に入って何度も購入している人の割合を表したものです。

「常連客」と「リピーター」の違い

「常連客」は、いつも来る客のことです。

特に飲食店や遊戯場などに来る客のことをいいます。

「リピーター」は、旅行などで同じ場所を何度も訪れる人、同じ商品を何度も購入する人のことです。

同じ飲食店に何度も来ていて、同じ料理を何度も注文している人は、その店の「常連客」であり、その料理の「リピーター」です。

まとめ

「常連客」「リピーター」も、何度も利用してくれている人のことですが、どのような場所なのか、何を利用しているのかによって呼び方が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典