「干渉」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「干渉」

干渉とは「かんしょう」と読み、これは他人に達って自分の意思に従わせようとすること、国際法においては1つの国が他の国の内情や外交に相手の家に飯しながら介入すること、という意味を持ちます。

あまりよく使われる意味ではありませんが、2つ以上の同じ種類の波が重なることによってお互いを強めたり弱めたりすることにも使います。

「干渉」の意味

一般的に、干渉というのは他の人の事に立ち入り、その人を自分の意図のままに従わせようとする行動を指しています。

例えば他人の私生活に干渉する、他の人のSNSに干渉する、などといった表現をします。

「干渉」の言葉の使い方

干渉という言葉には過干渉などといった名詞もあります。

過干渉というのは例えば親が子供の生活に干渉しすぎることを指しており、思春期を迎えた子供の私生活などにも干渉することを指しています。

「干渉」を使った例文・短文(解釈)

干渉という言葉を使った文章にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは干渉という言葉が含まれた例文をいくつか紹介します。

「干渉」の例文1

「うちの親はいつまでたっても過干渉で本当に嫌になるよ、日記なんて書けたものじゃないんだから」

親の中にはいつまでたっても子供のことが気になってしまい、子供の私生活に加入する人がいます。

特に母親が息子に干渉するケースが多いのではないかと言われていますが、どうしても自分の子供が幼いままでいるように感じてしまい、親自身が自分が必要とされたい、いつまでも自分を必要として欲しい、いつまでも子供のことをよく知っていたい、などといった気持ちが表れています。

そのような親がモンスターペアレンツとしてトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

「干渉」の例文2

「上手に子育てをするためには、干渉しすぎずに適度な距離を保つことも大切です」

子供が大きくなるに従って子供が親元から離れていきます。

幼い頃は自分の元を離れず、常に手をつないで歩いていた自分の子供も小学生になれば子供自身の世界が出来上がり、友達を作っていきます。

親には知られたくないことなども出てきますし、親が介入することを嫌がるようになるでしょう。

そのような時に親が無理矢理介入してしまうと親子関係に傷がついてしまうこともあります。

子供の事は常に心に留めておかなければいけませんが、だからといって常に視界に置いておく、常に子供の一挙手一投足を理解する、などといった行動は親として避けなければいけません。

「干渉」の例文3

「あそこのおばさんは常に人の生活に干渉してくるから嫌なんだよね、なんだかいつも見張られているような気がする」

近所の中には、世間話や噂話が大好きという人もいるのではないでしょうか。

他の人のことをよく知っており、世間話などを始めるといつまでたっても話が終わらないという人もいるかもしれませんね。

他の人のことに関してよく質問をしたがり、何でも聞きたがる、という人には出来る限り自分の情報を知られたくないと感じることもあるかもしれません。

「干渉」の例文4

「僕の彼女は僕のSNSの使い方にいちいち干渉してくるからめんどくさい」

恋人のSNSが気になって仕方がないという人もいるのではないでしょうか。

恋人が異性と連絡を取り合っているのではないか、自分以外に親密な友達がいるのではないか、などと思ってしまい、つい恋人の携帯に手を伸ばしてしまうという人もいるかもしれません。

これはまさしくその人のSNSを干渉しているという状態になってしまいます。

このような行動は出来る限り控えた方が良いでしょう。

相手に知られたら、良い印象は与えませんよ。

不信感を与えてしまう可能性がありますので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典