「平謝り」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「平謝り」とは?

みなさんは「平謝り」という言葉を知っているでしょうか。

やや読み方が難しい言葉「平謝り」は、「ひらあやまり」と読みます。

「謝る」という言葉に似ている事は分かっても、どのような様子を表現している言葉かまでは、分からない人が多いと思います。

すでにビジネスパーソンとして活躍されている方は、ここ最近、誰かに「平謝り」した経験があるかもしれません。

そんな社会に出たら知っておきたい言葉のひとつ、「平謝り」の意味や使い方を紹介します。

「平謝り」の意味

「平謝り」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「平謝り」には、「ただひたすら謝る」という意味があります。

誤解されがちな意味として、「適当に謝って許してもらおう」というものがありますが、「平謝り」はむしろ逆の意味があります。

何かミスが起きた時、自分だけに責任があるのではなく、相手や世の中にも責任転嫁したくなるかもしれません。

そのため、謝りつつも、つい言い訳をしてしまうのが人情でしょう。

しかし、「平謝り」という言葉を使って謝る時は、一切、言い訳をせず、謝罪に徹する事になります。

どんなに理不尽に怒られても、謝罪以外は一切しないのが、「平謝り」が意味する所です。

「平謝り」の言葉の使い方

「平謝り」という言葉を、どのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

「平謝り」には「ひたすら謝る」という意味がありますので、言い訳など一切せずに謝罪を続ける場合に使いましょう。

ちなみに「平謝り」「平」には、「土下座する、ひれ伏す」と言うような意味があります。

そのため、「平謝り」という言葉を使った場合、土下座まではいかなくても、土下座しているかのように徹底的に謝罪するという事になります。

そこで、自分が土下座するような勢いで誰かに謝罪した時、誰かに謝罪をされた時に、「平謝り」という言葉を使ってみましょう。

「平謝り」を使った例文

「平謝り」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における、「平謝り」を使った文章を見て、この言葉の使い方を覚えて行きましょう。

「平謝り」の例文1

「取引先にミスを指摘されたので、『平謝り』した」

ビジネスシーンでミスをした時、特に同じ職場に迷惑を掛けただけでなく、取引先に迷惑を掛けるようなミスをした時は、ひたすら謝って許してもらう必要があります。

このような時は、「平謝り」をするのがベターは方法でしょう。

この例文は社会人として、ミスのリカバリー方法の基本を示している文章となっています。

みなさんも、言い訳できないようなミスをした時は、「平謝り」しましょう。

「平謝り」の例文2

「部下が大きなミスをしたので、関係者に『平謝り』するよう命じた」

この例文のように自分ではなく、部下や同僚がミスをする事があるかもしれません。

部下の性格によっては、素直に頭を下げられずに、問題を大きくしてしまう可能性があります。

そこで上司や先輩が、「このようなミスをした後は、問答無用で謝罪する事」というアドバイスを送るようにしましょう。

場合によっては謝罪の際に一緒に出掛けて、「平謝り」とはどのような謝罪の仕方なのか、見本を示すのも良いでしょう。

「平謝り」の例文3

「浮気をした事が発覚して、妻に『平謝り』するしかなかった」

この例文のように「浮気」「不倫」など、言い訳ができないような事をしてしまい、ひたすら謝るしかない状況があります。

このような時は、土下座をするような勢いで、あるいは本当に土下座をしつつ「平謝り」するほかありません。

もちろん、それで許してもらえるかどうかは奥さんの度量、日ごろの行いや浮気の程度によって決まってくるでしょう。

このような場面は「平謝り」中の「平謝り」を見せるべき場面になるはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典