「幻想」と「空想」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「幻想」と「空想」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「幻想」「空想」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「幻想」とは?

「幻想」の意味と使い方について紹介します。

「幻想」の意味

「幻想」「げんそう」と読みます。

意味は「現実にはないことを、まるであるかの様に心に思い描くこと」です。

「幻想」の使い方

「幻想」は、現実に存在しない「まぼろし」を心に思い描き、強い関心を持ったり、心を惑わされることを言います。

「空想」とほぼ同じ意味で使われていますが、「実際にいるかどうか証明されていないもの」が対象であり、強い信仰を持っていることもあります。

具体的には魔法や悪魔、妖怪、幻獣、宇宙人などがいると思い浮かべながら、現実と融合させることに使われます。

また、現実にありながらまるでまぼろしの様な状況になることを「幻想的」と言います。

「空想」とは?

「空想」の意味と使い方について紹介します。

「空想」の意味

「空想」「くうそう」と読みます。

意味は、「現実にはあり得ない様なことがらを思い浮かべること」です。

「空想」の使い方

「空想」は、現実にはありえない様なことを思い浮かべて浸ることを言います。

想像上の世界に強く惹かれている人が考えることですが、現実世界との区別はきちんとついています。

「幻想」は、「あり得ない現象や生物を思い浮かべること」であるのに対して、「空想」「ありえないストーリーを思い描くこと」に使われることが多くなります。

「SF小説」は、「空想科学小説」と呼ばれ、「現代ではあり得ない科学の発達した世界の物語」のことです。

「幻想」と「空想」の違い!

「幻想」「現実にはないことを、まるであるかの様に頭の中で思い浮かべること」です。

「空想」「現実にはありそうにないことを、頭の中であれこれと思い浮かべること」です。

まとめ

今回は「幻想」「空想」の違いをお伝えしました。

「幻想は現実と混ざっている」「空想はあくまで思考レベル」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典