スポンサーリンク

「広げる」と「拡げる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「広げる」と「拡げる」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

パソコンやスマホで文章を打っていると、漢字の変換で迷うことがあります。

この記事では、「広げる」「拡げる」の違いを分かりやすく説明していきます。

今すぐスマートな知識を身に付けていきましょう。

スポンサーリンク

「広げる」とは?

広げる(ひろげる)とは、小さな物を大きい物にすること。

面積をより大きく、膨らましていくことです。

広げるの「広」には「隅々まで行きわたらせる」という訳があります。

縦の長さ、横の長さ、そして奥行を大きくするのが「広げる」になります。

また「広げる」は人脈や可能性など、目には見えないものを増やしていく、活発にさせるという訳もあります。

手のひらに載るくらい小さな物が、どんどん倍増していく様子が「広げる」です。

広げるの使い方としては「腕を思いきり広げて、帰国した子どもを抱きしめた」「彼女は人脈を広げるのが得意だ」そして「旅の楽しみ方が広がっている」などがあります。

空間や活躍の場が増えることが「広げる」です。

「拡げる」とは?

拡げる(ひろげる)とは、規模などが大きくなること。

サイズが広がって、拡大していくことです。

拡げるの「拡」という漢字には「範囲を大きくする、ワンランク大きな物にする」という2つの意味があります。

色々な手を使って、物事のスケールを大きくしていくのが「拡げる」になります。

建物の敷地面積を増やすほか、事業を拡げて手広くおこなっていくシーンで用いられます。

具体的な使い方には「リニューアル工事によって、延床面積が大きく拡がった」「関西にも拠点が拡がっている」などがあります。

面積や事業が拡大していくことが「拡げる」です。

「広げる」と「拡げる」の違い

どちらも同じ「ひろげる」のため、区別しにくいです。

「広げる」「拡げる」の違いを、分かりやすく解説します。

・常用漢字は「広げる」
ネットでよく見かける「広げる」「拡げる」

どちらも同じ読み方をするので、分かりにくいです。

ただ一般的に用いられるのは「広げる」

なぜなら「拡げる」は常用漢字ではないからです。

そのため公的な文章を書くときは、迷いなく「広げる」を使って問題ありません。

ただ最近では「広げる」「拡げる」に、このような意味合いを持たせている辞書もあります。

「広げる」は幅や空間などを、大きく膨らましていくこと。

そして「拡げる」は面積やビジネスを、拡大していくこと。

少し理解が難しいのですが「拡大させる」に当てはまるようなシチュエーションでは、積極的に「拡げる」を用いることもあります。

まとめ

「広げる」「拡げる」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらも「ひろげる」と読む漢字です。

小さな物を、大きな物にするという共通の意味があります。

常用漢字として掲載されているのは「広げる」なので、迷った場合は「拡げる」よりも「広げる」がおすすめです。

「拡げる」は敷地面積や事業を大きく展開していくという訳もあります。

TPOにあわせて、賢く使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典