スポンサーリンク

「庶民」と「農民」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「庶民」と「農民」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人の生活スタイルや仕事形態を表す言葉は色々なものがあります。

この記事では、「庶民」「農民」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「庶民」とは?

「庶民」とは人口比において多数を占める市民のことを示す言葉であり、平均的な生活スタイルを送る人々を意味することが多いのが特徴です。

古い時代では貴族階級の反対の言葉として「庶民」が使われることが多かったのですが、現代になると平凡的な生活を送る一般階級の人々を示す言葉として使われます。

「庶民」という言葉は色々な使い道があり、例えば「庶民派」という使い方をするお金持ちという人も存在します。

「庶民」という言葉は貴族と同様に独特な文化を形成しているために、その文化形態を示す言葉としても使われます。

庶民的な料理というものは素朴な味付けやおふくろの味などがあり、お金も掛からないコストパフォーマンスが良い料理であり、アットホームな雰囲気として落ち着く人も少なくありません。

「庶民」はこのように独特な文化を形成するものであり、研究の分野としても有名です。

類義語としては「大衆」という言葉があり、こちらは「大衆文化」というものがポップカルチャーという英訳として知られる通り、一般市民の文化を示す言葉としても使われます。

「農民」とは?

「農民」は農業労働者を示す言葉ですが、中世の時代だと領主に税や年貢を納める人々を示す言葉であり土地を持っていないことも多い存在でした。

現代の農民は個人で農地を持っていることも多くなり、一般的な農家を示す言葉として使われています。

昔の日本では「百姓」という階級として有名でしたが、この言葉は現在あまり使用されていません。

「農民」「庶民」と同様に独特な文化を形成することが多いのですが、それは農村やその土地などに限定されるものが多いのが特徴です。

最近の日本では農家として働く人が年々減少していることや、都心部でハイテク農業する人も増えてきているなど状況は変化してきています

「庶民」と「農民」の違い

「庶民」は人口の大多数を占める平均的な人々のことを示し、その仕事形態や生き方は個人で違ってきます。

対して「農民」は基本的に農業を仕事としている人のことを示すので、限定的な使い方をします。

「庶民」は独自の文化を生み出すことが多く、それはポップカルチャーや大衆文化として人気になることも多いのが特徴です。

「庶民」の例文

・『庶民派というキャッチコピーのアイドルが毎日投稿しているお弁当のレシピは、本当に素朴な感じが出ていて人気だ』
・『庶民的な生活も悪くないと思うが、一度はお金持ちの生活を体験してみたいな』

「農民」の例文

・『農民の家の出身だが、上京してから色々な農業の知識が役に立っている』
・『農民の娘とお侍さんが結婚をしたことに、その老人は驚いた』

まとめ

「庶民」は人口比で大多数を占める人々を示す言葉であり、仕事形態はそれぞれ違います。

「農民」は農業する人々を示す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典