スポンサーリンク

「建てる」と「構える」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「建てる」と「構える」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「建てる」「構える」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「建てる」とは?

「建てる」は建築物を立てることを指し、組み立て作業そのものを指す言葉です。

その為、「建てる」はまだ完全な住居としてない状況のものでもあるため、「建てる」はどのような状況下であれ一応、住居や拠点として活動できるものが組み立てられている様になります。

「建てる」の使い方

「建てる」の使い方ですが、「建てる」は住居や拠点となるものを組み立てる意思があれば成立するため、状態に関係なく、組み立てる意思があれば「建てる」と記すことが可能です。

たとえ、組み立てが途中でも「建てる」と言い切れば、完成までこぎつけるという意味になりますので、「建てる」は組み立てることを完全に完了する意思がある場合使用するのです。

「構える」とは?

「構える」はすでに拠点を持つ状態を示すか、これから起こり得る現象に対して身備えることを意味します。

すでに拠点があるなど住居を持っている場合、「拠点を構える」とすることで拠点を持つとします。

一方で、もう一つの意味である、減少に対して身構えることについては、「事を構える」「災害に構える」とすることで近い将来災害が起きても備えることができるとします。

「構える」の使い方

「構える」「かまえる」という意味と「そなえる」という意味に近い使い方が可能です。

「かまえる」は拠点などをすでに持つ意味になり、「そなえる」に近い「構える」はというと怒り得る現象に対して身構えることを指します。

その為「構える」「建てる」という意味と「備える」という二つの意味を持つため使い方は、それぞれ異なります。

「建てる」と「構える」の違い

「建てる」は建物を建築する行為を指し、建物自体は完成してなくても「建てる」です。

「構える」はというと、建築した物件をすでに持つという意味になりますので、すでに所有している点が異なります。

また、「構える」「備える」に近い意味を持つため「災害に構える」とすることでこれから起こり得る災害に身構えるという言葉になるため広い意味で身構え姿勢を取ることができるため、違いは汎用性の高さが異なります。

まとめ

「建てる」「構える」の違いですが、「建てる」は純粋に建物を建てる行為で建設する建物は別に住める状態である状態でなくともよいです。

それに対して、「構える」はことを企むなどの他住居をすでに持ち住んでいることを表すという違いがあり、「構える」の方が高い汎用性があります。

その為、「事を構える」「身構える」など態度や、これから起こる事態に対して緩和をするような意味にも用いることができるのです。

その為、「構える」「備える」という言葉と類似語であるとも言え、「備える」はこれから起こり得る事態に対して、蓄えをすることや予防線を張ることで物事が起きた場合のダメージを軽減するという意味合いもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典