スポンサーリンク

「引っ越し」と「移住」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「引っ越し」と「移住」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

秋は春に続く、「引っ越し」シーズンです。

この記事では、「引っ越し」「移住」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「引っ越し」とは?

「引っ越し」とは、現在住んでいる、または事業を営んでいる場所から他の所へ活動拠点を移すことを言います。

移転や転居などとも言われます。

または、移動する行動のことを指すこともあります。

「引っ越し」には就職や転勤、または入学のために、住む場所を移動することも含まれます。

そのため、必ずしも永住目的のために、住む場所を変えると言うわけではありません。

「移住」とは?

「移住」とは、よその土地へ移り住むことで、永住が目的の場合を指します。

そのため、「移住」は人生の大きな決断とも言えるでしょう。

場合によっては、一大決心をして、「移住」に臨むこともあるでしょう。

中にはまったく知らない土地へ「移住」することもあり、最初は慣れない土地での生活で大変かもしれません。

特に海外「移住」の場合は、言葉や文化、生活習慣などがまったく違います。

新天地を求めての「移住」は開拓者精神で新しい居場所を切り開いていく強い勇気と決意が必要になってくるかもしれません。

「引っ越し」と「移住」の違い

「引っ越し」「移住」の違いを、分かりやすく解説します。

「引っ越し」は今住んでいる、または事業を営んでいる所から別の場所へ移動することです。

この場合は必ずしも永住目的ではありません。

そのため、再び「引っ越し」を行う可能性もあります。

一方、「移住」は永住目的で、よその土地へ移り住むことです。

なので、中には日本国内だけではなく、海外「移住」もあり得ます。

老後に田舎へ「移住」するなど、近場ではなく、遠くへ住む場所を変えることを意味しています。

近場で同じ町内や隣への居住地の移動でも、「引っ越し」になります。

家を建て替えするために、一時的に住む場所を変える場合も、「引っ越し」をすると言います。

「移住」のための「引っ越し」をすると言う使い方ができるでしょう。

このように、「引っ越し」「引っ越し」作業そのものを表す時にも使うことができます。

まとめ

「引っ越し」「移住」も住む場所、または事業などの活動拠点を変えることなので、やはり移動は大変な労力を伴います。

春は入学や就職、または転勤などで「引越し」をする人が増えます。

秋は春ほどではないですが、それでも転勤などでの「引っ越し」が必要になります。

「引っ越し」は荷物の移動だけではなく、住所の移転、学校の転校の手続き、または水道光熱など生活に関する手続きなどが必要になってきます。

「移住」の場合も、「引っ越し」作業が必要になります。

特に移動する期限が決まっている場合は、それまでにすべての『引越し」作業を終わらせなければいけません。

確実にやり忘れがないようにするためには、「引っ越し」リストを作って、終わったものから消していくと言う方法もあります。

いずれにしても、普段よりも心身共に体力を使います。

そのため、ある程度の余裕を持った「引っ越し」スケジュールを組んで行うようにしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典