スポンサーリンク

「強い」と「たくましい」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「強い」と「たくましい」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「強い」「たくましい」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「強い」とは?

「強い」「つよい」と読み、主な意味は以下の通りです。

1つ目は「力や技能が優れている様子」という意味で、他に負けない位力や技能があることを言います。

2つ目は「健康なこと」という意味で、心身共に丈夫な様子を言います。

3つ目は「困難に負けない精神力がある」という意味で、ちょっとしたことで弱らない心を持っていることを言います。

4つ目は「環境や条件に関して耐性がある」という意味で、周囲の変化に動じない様子を言います。

5つ目は「断固とした様子」という意味で、厳しい態度を取ることを言います。

上記に共通するのは「他に負けない」という意味です。

「強い」の使い方

「強い」「力や技能が優れている様子」「健康なこと」「困難に負けない精神力がある」「環境や条件に関して耐性がある」「断固とした様子」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、副詞として「強く」と使われたり、名詞として「強さ」と使われたりします。

基本的に、敵や困難なことに負けない能力や精神を持っている様子に使われる言葉です。

「たくましい」とは?

「たくましい」「逞しい」と書き、意味は以下の通りです。

1つ目は「身体が丈夫でいかにも強そうに見える」という意味で、見た目が頑丈で立派な様子を言います。

2つ目は「多少のことでくじけない意志を持っている」という意味で、めげない精神を持っている様子を言います。

3つ目は「勢いがある様子」という意味で、生き生きとしていて気力に満ちている様子を言います。

上記に共通するのは「頑丈である」という意味です。

「たくましい」の使い方

「たくましい」「身体が丈夫でいかにも強そうに見える」「多少のことでくじけない意志を持っている」「勢いがある様子」という意味で使われます。

形容詞として使われたり、副詞として「たくましく」と使われたり、名詞として「たくましさ」と使われたりします。

基本的に、いかにも強そうに見えて頼りがいがある様子に使われる言葉です。

「強い」と「たくましい」の違い

「強い」「敵や困難なことに負けない能力や精神を持っている様子」という意味です。

「たくましい」「いかにも強そうに見えて頼りがいがある様子」という意味です。

「強い」の例文

・『彼は肩の力が強いのでピッチャー向きだ』
・『彼女は非常に気が強い』
・『彼は責任感が強いので安心して仕事を任せられる』
・『子供を強く叱った後で後悔した』

「たくましい」の例文

・『彼のたくましい腕でお姫様だっこして欲しいと思った』
・『子供はたくましい精神力を持っている』
・『彼は今回の経験で一層たくましくなった』
・『異世界に転生したいなんてたくましい想像力だ』

まとめ

今回は「強い」「たくましい」について紹介しました。

「強い」「能力や精神力がある」「たくましい」「強そうに見える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典