「弾劾」と「更迭」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「弾劾」と「更迭」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「弾劾」「更迭」の違いを分かりやすく説明していきます。

「弾劾」とは?

「弾劾」の意味と使い方について紹介します。

「弾劾」の意味

「弾劾」「だんがい」と読みます。

意味は「犯罪や不正を明らかにして、責任をとるように求めること」「法令により公務員に対して、国会で訴追したり、罷免や処罰をする手続きのこと」です。

「弾劾」の使い方

「弾劾」は、犯罪や不正をはっきりさせて責任を問うことを言います。

直接その職を辞めさせるのではなく、辞めさせる手続き全体のことを言います。

日本で「弾劾制度」というと、裁判官や公務員など、身分が保障されている人に対して責任を問うことを言います。

公務員が犯罪を犯したり、ふさわしくない行為をした時などに、辞めさせるかどうかを判断することを「弾劾裁判」と言います。

因みに、アメリカでは大統領に対しても「弾劾」が行えます。

「更迭」とは?

「更迭」の意味と使い方について紹介します。

「更迭」の意味

「更迭」「こうてつ」と読みます。

意味は「ある地位や、役目にある人を、交代させること」です。

「更迭」の使い方

「更迭」は、高い地位や役目にある人を、他の人と交代させることです。

こちらも政治でよく使われる言葉で、大臣が辞職して他の人に変わる時に使われます。

ある人の役職を解き、他の人と代わることをいい、「大臣・警察官の幹部」など公務員の他に、有名なスポーツチームの監督など、民間でも使われます。

特に不祥事を起こした訳ではなく、結果を出せないことでクビにされることが多くなります。

「弾劾」と「更迭」の違い!

「弾劾」「公務員に対して、罷免や処罰をする手続きのこと」です。

「更迭」「高い地位や役目にある人を、他の人と交代させること」です。

まとめ

今回は「弾劾」「更迭」の違いをお伝えしました。

「弾劾は罷免や処罰をする」「更迭は役職を交代させる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典