「当初」と「最初」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「当初」と「最初」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「当初」「最初」の違いを分かりやすく説明していきます。

「当初」とは?

「当初(とうしょ)」とは、「ある物事(出来事)の初めのほうの頃」「ある物事の初めの頃に当たるその時」を意味している言葉です。

「当初」の表現には、「現在の時点からその時(過去の時点)を振り返ってみた場合の、初めのほうの時期」「その時・その物事のはじめの時」という意味のニュアンスがあります。

例えば、「当初はもっと簡単に解決できる問題だと思い込んでいました」「結婚した当初、私たちは現実の生活を甘く見ていました」などの例文で使われます。

「最初」とは?

「最初(さいしょ)」とは、「ある物事・活動の一番はじめ」「もっとも初めの頃(時期)」ということを意味している言葉です。

「最初」という表現には、「それよりも前の時点や段階を想定することができない」「それよりも早い段階がない一番はじめの頃」といった意味のニュアンスがあります。

例えば、「最初は誰でも下手なものです」「私が入社して最初に覚えた仕事はプレゼン資料の作成方法でした」などの例文で使用することができます。

「当初」と「最初」の違い!

「当初」「最初」の違いを、分かりやすく解説します。

「当初」「最初」「ある物事の初めの頃」という大まかな意味では共通している言葉ですが、「当初」よりも「最初」のほうが「それ以上は前の時期がない一番はじめの頃」という意味のニュアンスが強いという違いを指摘できます。

「当初」というのは「ある物事・活動の初めのほうの頃」「ある物事が始まったその時」を意味していますが、「最初」のように「それ以上前の時期がない一番はじめの頃」というところまでの意味合いはありません。

例えば、「最初の作業は失敗しました」「一番はじめの作業の失敗」を意味していますが、「当初、その作業は失敗しました」「一番はじめの作業かは分からない+今から思い出したその時の作業」の意味のニュアンスがあるという違いがあるのです。

まとめ

「当初」「最初」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「当初」とは「その物事の初めのほうの頃・現時点から振り返ってみたときの、初めの時期」を意味していて、「最初」「それよりも前の時点がない一番はじめ」を意味している違いがあります。

「当初」「最初」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典