スポンサーリンク

「影の立役者」と「縁の下の力持ち」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「影の立役者」と「縁の下の力持ち」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「影の立役者」「縁の下の力持ち」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「影の立役者」とは?

「影の立役者」「立役者」とは、芝居においては、一座の中心になる役者という意味です。

またそれとは別に、ある方面で中心になって活躍する者、中心人物という意味でも使います。

つまり「影の立役者」とは表立ってはいない、目立ってはいないものの活躍をした人、本当の主役といった意味合いで使う言葉なのです。

いい意味ですので褒め言葉として使うことも可能です。

「彼がこのプロジェクトの影の立役者であることは間違いない」「チームを優勝に導いた影の立役者、マネージャーの〇〇さんにインタビューを試みた」などと、使います。

「縁の下の力持ち」とは?

「縁の下の力持ち」とは、人には知られないように、努力、苦心をする人という意味になります。

仕事などでは、目立つ人ではないが必要とされる人という意味合いで使います。

「彼は縁の下の力持ち、この部署の連中は彼のフォローに助けられている」「彼女は控えめだが、縁の下の力持ちタイプ。かなりの実力者だよ」などと使います。

「影の立役者」と「縁の下の力持ち」の違い!

「影の立役者」「縁の下の力持ち」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも一見、目立たない人に対して使う言葉ですがいい意味があります。

「影の立役者」とは、表面的な主役は他にいるが、実は本当の中心人物、活躍をした人という意味で使います。

簡単に言えば「本当の主役」となります。

一方「縁の下の力持ち」とは人に知られることなく、見えないところで努力や苦心をしている人という意味になります。

まとめますと「影の立役者とは目立っていないが中心人物、活躍した人」「縁の下の力持ちは人知れず努力をしている人」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「影の立役者」「縁の下の力持ち」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を正しく理解してふさわしい方を選び使ってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典