スポンサーリンク

「影響」と「効果」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「影響」と「効果」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「影響」「効果」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「影響」とは?

「影響」は、ある物事がプラスにもマイナスにも変化し周囲に与える影響を意味します。

プラスにもマイナスの要素にもなるのが「影響」という言葉が持つ意味で「影響」は良い効果ばかりではないということです。

「影響」の使い方

「影響」の使い方は、」と「効果」の違いを分かりやすく説明していきます。

「影響」とは?

「影響」は、ある物事がプラスにもマイナスにも変化し周囲に与える影響を意味します。

プラスにもマイナスの要素にもなるのが「影響」という言葉が持つ意味で「影響」は良い効果ばかりではないということです。

「影響」の使い方

「影響」の使い方は、周囲に物事がプラスであろうとマイナスであろうと何らかの事情を与える場合、「影響する」「影響を及ぼす」という言い方をします。

「効果」とは?

「効果」は、一つの目的や期待に使用する言葉でそれに応じてプラスにもマイナスにも作用するものを「効果」と呼びます。

「効果」の使い方

薬のように目的をもって生まれたものが作用した場合「効果があった」という使い方をします。

一方でプラスにもマイナスにも作用しなかった場合、薬は「効果がなかった」と記し、全く作用がなかったとなるのです。

「影響」と「効果」の違い

「影響」は、周囲にプラスまたはマイナスに作用することを意味する言葉です。

一方で「効果」目的や人間が持つ期待という感情に使用するため、「影響」のように広く周囲に与えるものではないのです。

「効果」は一つの事情がプラスとなるかどうかであると考えるとよいです。

「影響」の例文

・『君の考えは周囲に影響を与える』

この例文はとある人物が周囲に何らかの作用を与えるとしています。

この時、「悪い影響」「良い影響」という言葉を使えば、人物が与える作用がプラスであるかマイナスであるかを理解することも可能です。

・『無理をした影響で体が動かない』

この例文は体にマイナスの作用が働いていることを「影響」という言葉が表している文章です。

このようにマイナスでもプラスでも「影響」という言葉は作用しますが、肝心なポイントは何をしたからマイナスまたはプラスに作用するかを知ることが重要になります。

「効果」の例文

・『薬の効果が表れたようだ』

この例文は、薬が何らかの作用を示していると解釈できます。

どのような効果が表れているかの記載がないが故、現時点で分かる点は何かしら薬が効果を示しているという事実だけです。

・『この新薬は良い効果を示しているようだ』

この例文は、ある新薬が良い作用があると示している例文です。

この例文の場合何がどうであるという部分が記載されており、新薬が良い「効果」を示していると解釈します。

何が、どうであるを説明することでより、「効果」が与える影響を知ることが出来るのです。

まとめ

「影響」は周囲に与える要素の一つでマイナスであろうとプラスであろう周囲に働きかけます。

いっぽうで「効果」は断定的で周囲ではなく、1つの事情がプラスになるかマイナスになるかを示す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典