スポンサーリンク

「後進に道を譲る」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「後進に道を譲る」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、後進に道を譲るの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

後進に道を譲るとは?意味

後進に道を譲るとは、引退して後輩に自分の就いていたポジションを譲るという意味があります。

または、職場での役割を後の者に譲るため、早期退職して席を空けるという意味合いもあります。

後進に道を譲るの概要

いい成績を残してほしいと後進のために引退して道を譲るという意味合いもあるこの言葉には、ビジネスシーンでよく使われている言葉です。

次の世代に仕事をさせ、知識を学ばせて人材を育成させる意味があります。

若手を育てるためにも、年齢の高い社員がいつまでもそこに留まることがないよう60歳から65歳で定年する退職制度を取り入れている企業は多く、退職した後は残された社員がその席に座り、仕事を受け継いでいくスタイルが一般的です。

この定年退職する社員が年下の社員に席を譲り、仕事をしてもらうときに後進に道を譲ると使います。

後進に道を譲るの言葉の使い方や使われ方

一線を退く、リタイアするときに使われる後進に道を譲ると使う後進に道を譲るの使い方は、会社に勤めていた社員が定年退職になったときによく使う言葉です。

「私は定年を迎えましたので、後進に道を譲ります」と言い、周囲に自分が退職することを伝えます。

周囲の人もこう言われればその人の代わりに今まで築き上げた仕事をしっかり受け継ぎ、勤め上げようと思うようになります。

また、後継者が新しいことにチャレンジして、斬新な商品を開発したり、企業の業績を立て直すために秘策を考えられるよう表舞台から去るときにも使われています。

また、退職を迎えずにして自らその座を退き、後輩に道を譲るために退職届を提出し、辞任するときにも当てはまる言葉です。

後進に道を譲るを使った例文(使用例)

・若手を育てるため後進に道を譲ることも大切だ。

若手を育てるため、職場を去ることもときには必要なことだと中高年の社員へ退職を促すために使います。

こう言われた社員は潔く職場を去れるでしょう。

・日本企業では後進に道を譲るため65歳で退職するが、その前に辞任に追い込まれることもある。

日本企業では65歳で退職する制度を取り入れている会社も多いですが、後輩を育てるためには早期退職を考える企業が増えています。

若い社員を採用したい企業は中高年社員をリストラにする対象にします。

・後進に道を譲るため社長が身を引いてその座を降りることを決意した。

まだ退職する年齢でもありませんが、会社に新しい風を取り込み、企業を立て直せるのであれば社長自らがその座から身を引くことも考えたいものです。

まとめ

会社の後輩に自分の仕事を受け継いでもらい、企業の業績を伸ばすため、または若手社員が育つよう退職して後進に道を譲ることがあります。

ただ、退職する年齢ではなくても後輩に頑張ってもらいたいと思うときは早めに退職届けを提出して、一線を退く人もいます。

自分でここが引き際だと思ったときは、後進に道を譲るのもいい方法です。

自分を本当に必要とする場所で能力や知識を活かし、余生を謳歌するのもいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典