「御社」と「弊社」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「御社」と「弊社」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ビジネスシーンでは、会話のマナーが重視されるのでそれまで日常では使用しなかった言葉を利用する機会も生まれます。

御社や弊社という言葉も見聞きした事があるものの、いざ使うとなると自信がないという人が少なくありません。

だからこそ、「御社」「弊社」の違いを分かりやすく説明します。

スポンサーリンク

「御社」とは?

「御社」は、商談や挨拶の際に相手が所属する会社を主に口頭で表したい時に使用する、尊敬語です。

同じ意味合いの言葉に貴社というのがありますが、こちらは口頭で使用しません。

というのも帰社等の同音異義語と間違われる恐れがあるので、口頭では基本的に御社という言葉を用いる事になります。

「弊社」とは?

「弊社」とは、自分が所属する会社をへりくだった言い回しで表したい時に使用する謙譲語です。

社外の相手とやり取りする際には口頭のみでなく、文章の中にもこの弊社という言葉を使用するのが一般的となっています。

ただしあくまで他社の人間に対して使用する際の言葉であり、自社の上司に対してこの弊社という言葉を用いる事はない点には注意が必要です。

「御社」と「弊社」の違い

「御社」「弊社」の違いを解説すると、ビジネス相手が所属している会社を表現するために用いる言葉か、ビジネス相手に対し自分が所属する会社を表す際に使用する言葉かどうかの違いがあります。

どちらも主にビジネスシーンで使用されますが、御社が他社を示す尊敬語であるのに対し、弊社は自社を表す謙譲語であるという相違点も存在しているのです。

まとめ

「御社」「弊社」は、他社の人間とやり取りする際に用いるべき言葉となっています。

具体的には、御社は尊敬語として相手の会社である他社を表現したい時に使用する言葉です。

もう一方の弊社は、他社に所属している相手に対して、自社を表現する時に用いるべき謙譲語となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典